アーカイブ 2011年 7月



仲良し

我が家の南京ハゼの木からセミの大合唱が響いています。

覗いてみると、枝の至る所にクマゼミが「シャシャシャシャ ジーー(最後の音)」と鳴いています。

クマゼミとアブラゼミをともに見ることができる地域で、鳴き声でそのセミの種類を当てることは簡単なことですが、鳴いている時間によってもわかるそうです。

クマゼミは主に日の出から正午までで、その中でも日が照っている午前7時頃から午前10時頃まで最も盛んに鳴き、一方アブラゼミは午前11時頃から鳴き始めるという棲み分けならぬ、「鳴き分け」という現象が見られるということです。

仲良しのクマゼミたちがいましたので撮影してみました。3匹の中で一番下のセミだけが鳴いていて、なんだか3角関係であぶれた1匹が一生懸命気を引こうとアピールしている寂しい姿にも見えますが、皆さんいかがですか?

">よろしければ右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



自分の運命を変える天からの「1本のロープ」

何か「これは」と思うものをやろうとする時、人は二つの壁にぶちあたる。

それは、自分の能力的な壁と環境の壁である。

能力的な壁とは、自分の問題、「内なる壁」と言っていい。

私の経験から言って、今はちょっと難しくてすぐに実現できずとも、「いつか必ず自分にはやれる」という気持ちを持って「やるための理由」を掲げて努力を絶やさない人には、

不思議なことに天の一角から、“助けのロープ”が下りてくるものである。

-渡部 昇一

自分の運命を変える「1本のロープ」 - 分かりやすい表現です。

問題は、自分を信用しないで努力などしない人には、探そうとしても「1本のロープ」が存在しないということです。

私は、幸運なことに人生の節目節目でロープを下ろしていただいています。

サムシングレートに感謝

お時間がある時に、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



うちのスタッフは大変です

衛生士学校卒業予定の学生さんに対する面接ではなく、中途採用のための面接の時に応募者に一つお聞きすることがあります。

「矯正治療だけでこれだけのプライヤーの名前や使い方を覚えてもらうけど、大丈夫?」

◎パターン1

 「以前勤めていた歯科医院が矯正治療をしていたので、大丈夫だと思います。それにしても多いですね。」

◎パターン2

 「頑張ります。」……確信はないが、即答するタイプ

◎パターン3

 「うっっ……coldsweats02.gif

パターン3の方は残念ながら、その場でお断りします。矯正以外の器具も中途半端な数ではありませんので。

当院のスタッフは、当然のように治療内容を考えて先を読みながら器具・材料を用意しています。つまりこれらの名前や使い方を覚えているということ。現スタッフ、皆優秀ですよ--。

有能なスタッフに支えられながら、日々奮闘しているアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



犬の声

今日のブログは愛犬 ライトの声でお届けします。

遅い!!早く散歩に行かなきゃ、道路が熱くなって肉球がやけどしちゃうよ

おっ、風があってそんなに暑くない

どうせ、『マテ』でしょ。わかってるよ

まだだよね

いつもだったらもう少しかな~~

もうそろそろ?

「コイ」(遠くに聞こえるご主人様の声)  待ってましたーーー、でも今日以外に早かったんじゃない。いつもは声があまり聞こえなくなるところまで待たせるから……

ボルト真っ青のスピードでしょ

今日はこっちの道に行こうよ。日陰があって涼しくて、この道大好きheart02.gif

もう、終盤だね。好きな他の犬の匂いたっぷり嗅いでおかなきゃ

我が家にとうちゃーく。ハッハッ 疲れた~~。また明日つきあってあげるね。

 

毎朝愛犬ライトにダイエットのお手伝いをしてもらっているアラフィフ歯科医を応援していただける方、今日もクリックよろしくお願いいたします。



松浦のおいしいお店 第2弾

先日福岡に買い物に行きまして、よせばいいのにまたラーメンスタジアムでお昼をとりました。福岡ラーメンで有名なお店ではあったようですが、「う~~~ん」というお味。半年ほど前のブログにも似たようなことを書きましたが、やっぱり松浦市の有名ラーメン店「変竹林」の圧勝に終わりました。

その変竹林にひきつづき、【 松浦のおいしいお店 】第2弾。今日は 『 百伝 (でん) 』 の紹介をします。
昨日は久しぶりに妻と2人で食事に出かけました。狭い町でありながらお酒を飲みながら食事をする場所には事欠かない松浦市。その中で全くもめることなく選んだのが、百伝です。

店内にはJAZZが流れており、典型的な居酒屋とは一線を画しています。メニューも単純なものは少なく(例えば、卵焼きにしても「大きなだしまき卵」)、見ているだけで唾液の分泌が亢進してきます。

">私が最初に注文した飲み物は、「とりあえずビール!!」-あ、いや「生ビール」。
何の変哲もないと思ったら大まちがい。長ーいグラスに、なぜかとてもおいしいアワが乗っかった生ビールで、友人や技工士、業者の皆が絶賛する一杯です。

次に「果肉たっぷり梅酒」を注文し、ちびちび飲みながら出てきた料理をおいしくいただきました。とにかく全部おいしかったのですが、アボカドと生ハムが入ったサラダはおかわりをしたくなりました。料理全体を一言で表現するならば、『B級グルメ特有の濃い味付けではなく、上品でありながらアクセントのある、また食べたくなる味』です。

中州で食事をすることが結構多い方だと思いますが、この『百伝』さん、全く中州のお店に負けていませんヨ。

">たった2杯で酔ってしまったアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



未来から逆算して現在の行動を決定する

99%の人間は、現在こうだから、将来はどうなるのかと考える。

1%の人間は、将来こうなるから、現在どのように行動するべきかを考える。

もちろん後者の1%の人間だけが成功する。

そして1%の人間は、ほとんどの人間から理解されない。

(神田昌典365日語録より)

意識はしていませんが、自分は後者のような気がしています。そしてそれが現在まで良い方向に向かっている理由の一つであるようです。

2人の子供たち(長男、次女)にも、「今何の目標もなく勉強することよりも、何でもいいから 『将来こんな仕事について人の役にたちたい』 というものを早く見つけなさい。」と言ってみてはいますが、なかなか難しいですね(長女は歯科医になるべく大学で奮闘中です)。

ハッピーリタイアメントまでの楽しく充実した地図が描けているアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



ブラックベリー made in 末竹ガーデン

">前回に引き続き、我が家でとれる果物を紹介します。

ブルーベリーと同様に、6月には全く熟していなかったブラックベリーが食べ頃になってきました。

昨年は本当にたくさんとれましたので、妻がブラックベリージャムを作ってくれまして、それをパンにぬったり、ヨーグルトに入れたりしておいしくいただきました。

今年は昨年ほどではないようですが、結構な量が収穫できそうで、自家製ジャムが今から楽しみです。

場所があれば、ブラックベリーを育てるのはお勧めです。繁殖力がものすごく、ツルがどんどん伸びて実が鈴なりについていきます。ちなみに我が家のブラックベリーは元気が良すぎて、柵を乗り越えてしまっています。

『ブログ村』に参加して2ヶ月10日、皆さんの応援クリックのおかげでランキング2位に躍り出ることができました。ありがとうございました。

励みになりますのでこれからもクリックお願いします。



ブルーベリー made in 末竹ガーデン

">最近、ブログの更新頻度が高くなってきています。

『書くネタに困らない=毎日変化がある』 ということでいいことだと思います。

話は変わりますが、我が家には収穫できる果物の木が6種類あります(農業を営んでいるわけではありません)。

その中の一つ、1ヶ月前にはまだ青々としていたブルーベリーが、最近ずいぶん色づいてきました。妻が黒く熟した実を選んで一皿ぶん採り、昨日食卓に上がったいたので初物をいただきました。ジャムと違い、種も入っているし、それほど甘くありませんが、自分の家で育てたものを食するのはうれしいものです。

ちなみに私は一粒だけ食べたのですが、残りは次女が全部平らげてしまったようです。

今度は10粒ほど食べようと思っている歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



診断力 MAX 準備完了

前日のブログで書きましたが、昨晩クロスフィールド吉井さんが数時間がかりで設置して、本日から新しいデジタルX線現像機が使える状態になりました。

その名も 

YCR-21XG  Bellissimo (ワイシーアール 21エックスジー 通称 ベリッシモ)  

長い……… 2行になってしまった

キャッチコピーは

【 「写・真」と呼ぶにふさわしい 新・デジタルX線システム 】

おおー かっこいいー

今日は午後からパノラマのみ撮影してみました。イメージングプレート方式なのにカセッテからフィルムを全く取り出さなくてよい、つまり感光を許さないシステムからして画質がよくなるにきまっていますが、対数変換技術(私もよくわかりません)により、さらにきめ細やかな高精細画像が得られ、実際に出てきた写真にスタッフ一同納得でした。

断言します。これでデンタル、パノラマ、セファロ、CT 全てイチバンです(2011.7.22現在)。

レントゲン画像がイチバンなのですから、当然診断力もイチバンにならなければなりませんね。

近いうちに、画像をアップしたいと思います。

">診断力がたぶんMAXになったアラフィフ歯科医を応援してくださる方右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



ありがとう コンビX さらば コンビX

本日診療後に悲しいお別れが待っています。
2002年より私の診断のためにフル稼働してくれた、デジタルレントゲン現像機 コンビXがその役目を終えます。

【 歯科医療とX線写真の質は比例する 】

【 歯科医療と口腔内写真の質は比例する 】

と言われますし、私の口腔内写真撮影セミナーでもこの点については強調しています。私が使用してるX線写真に関するシステム、機械は以下の通りでセファロ、パノラマ以外は現時点で間違いなく日本一なのです。

● デンタルX線写真(アナログ、フィルムはコダックのウルトラスピード)‥‥私が所属していたスタディーグループ「佐賀0の会」が17年前に完璧なシステムを作り上げ、これによって得られた画像を凌駕するデンタルX線写真を未だ見たことがない。現在でもまぎれもなく『日本一のデンタル』。デジタルの画質が良くなってきているが、最も優れたデジタル画像(おそらくYCR)でもその情報量は10分の1以下。歯内治療のプロを自認するからにはこの画質は譲れない。
● CT画像(ヨシダ ファインキューブ)‥‥現在多くのメーカーが競ってCTを販売しているが、今のところまだスペックはNo.1と言われている。ただ、このファインキューブが優れているのはスペックよりもそのソフトである。医科用CTでよく使用されており実績があるソフト(実際昨年受けた人間ドックのCTデータもこのソフトで動いていました)を歯科用にリフェイスして使っているため、非常に良くできている。3D画像の種類も豊富でその全てが美しい。
● パノラマ、セファロ(コンビ X)‥‥現在の平均的画質。

上記のレントゲンはそれぞれに必要でどれがなくなっても困ります。もちろんパノラマとセファロも必要不可欠で頻繁に撮影するのですが、残念ながら素晴らしい画質とは言いがたくなってきました。末竹歯科医院が欲する、よりよい画質が得られるデジタルX線現像機がでてきているため、本日それに取って代わられます。

約9年、ほとんど故障らしい故障もなく、ほぼフル稼働してくれました。まだまだ十分使えるレベルなのですが、あと1日でお役ご免です。

ありがと~~~ コンビX さよなら~~~コンビX

よろしければ右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。