アーカイブ 2011年 9月



人間ドック・PETドック行ってきます

今日と明日、2日歯科医院を休診にして人間ドック・PETドックを受けに行ってきます。

2年前父が亡くなったのをきっかけに毎年受けはじめ、今年で3年目になります。

受診するクリニックは福岡、和白にある人間ドックに関してはかなり有名なところです。

なんでも、東京からツアーをくんで団体さんが頻繁に来院されるということ。

今年も大きな問題がありませんように……。

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



お昼寝前の紅茶

夜の睡眠の質が悪いのか、年齢に伴って早く起きしすぎるためか、はたまた体力の衰えによるものなのか、昼食後の休憩があるとないとでは夕方以降の集中力に差が出てきたように思います。

そこで最近意識的にとるようにしているのが

「昼寝」

です。

スペインでは昼寝の習慣があるのをご存じでしょうか?昼寝の習慣がある人たちは、習慣をもたない人たちと比べて、たいへんおおらかで非常にストレスが少なく、心身ともに健康的な生活をしていると言われています。

また、昼寝をしたグループとしていないグループに同じテストを受けさせたところ、昼寝をしたグループのほうが回答するスピードが速かったり、成績が良かったという研究結果も出ています。

この脳の疲労回復やストレス軽減効果がある昼寝ですが、ぐっすり熟睡してしまうとダメなのだそうです。およそ15~20分くらいが適度な長さだと言われており、30分以上だとすっきりと起きられなくなり、かえって午後の診療に差し支える可能性があるようです。

15分という中途半端な時間に起きるための対策として私がやっていることが、一つに目覚ましをかけておくこと。もう一つが、これはインターネットからの情報ですが、昼寝の前に私が好きな紅茶を飲むということです

ご存じのようにコーヒーや紅茶には覚醒効果があるカフェインが含まれていますので、昼寝から起きる頃には効いていて、スッキリと目覚めることができるというわけです。

お昼寝前ではありませんが、今から大好きなモーニングティーをいただきます(今日はセイロンウバ)。

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



かみ合わせから腹部の違和感

一昨日より腹部膨満感があります。このようなことは過去に何回か経験があり、おおよその原因が何となく気づいていました。

先週土曜日に整体(整骨)をやってもらい、全身のゆがみがとれたところで、次に問題点としてクローズアップしてきたのが、「かみ合わせ」です。

私の体のゆがみが診療姿勢からばかりではなく、「咬合」由来のひずみも多くあると思いますので、よく言われるように「咬合の不調和を生体が補正をしていた」とも考えられます。

今日自宅から、診療所に向かう車の中で、右側のポステリアガイダンス(アンテリアガイダンスではありません)がスムーズでないことに気づきました。小臼歯あたりに乗り上げる感覚があったのです。

試しのそのあたりでゴリゴリやってみるとゲップが何度か出てきます。

「ああ、間違いないな。」と確信し、歯科医院に着いてからカーボランダムポイントで咬合干渉(ガイド時の早期接触なのでこの言葉になります)部位を二(ふた)なでほどしたら、腹部の違和感がスーッと解消されました。

咬合についてある時期相当真剣に勉強したのも、このように自分自身が咬合の異常に対してたいへん敏感な体であり、繊細な調整が必要であったということも理由の一つになっています。

今日もたくさんの患者さんが来院されますが、歯科の仕事は最終的に「かみ合わせ」であることを肝に銘じ、いつものように治療いたします。

原因の特定が難しいシミ、痛み、違和感など多くのケースを小さな咬合調整だけで解決できているアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



一番のご褒美

昨日84歳女性の患者さんの上顎前歯部6本ブリッジをセットしました。

主訴は、

「上の唇がベタベタする。裏側の金属が気になる。」

というものでした。診断した結果、唇側豊隆が著しく強い、歯冠長が長い、アンテリアガイダンスの不備などがあったのですが、他院でこの補綴は自費で作ってもらってからまだ4~5ヶ月しか経っていないとのこと。

様々なことを考慮し、まずは削合にて形態修整をしてみることを提案しましたが、患者さんから

「先生が作り直してください。そのつもりで来ましたから。」

と言っていただきました。当院の自費の補綴は平均よりもやや高めの治療費を設定していますし、数ヶ月しか経っていない自費の補綴をはたして簡単に外してもいいか再度伺ったところ

「周りのかたから、『あそこでダメだったらあきらめなさい』 と言われてきました。とにかくお願いします。」

と患者さん。

 

左上1、2番 2本欠損の3~3までのブリッジで、欠損部の唇側陥凹が大きく、年齢を考えずに審美補綴を計画するのであれば、リッジオグメンテ-ションをしてポンティック形態を整えるか、GBRをしてインプラントを考えます。しかし、患者さんは84歳のご高齢。今回は歯肉、骨は扱わずに補綴を行いました。

十分考慮したのは次の点です。

〇 2本失った原因を考え、それを排除しておくこと

〇 唇の違和感を極力除去すること

〇 スムーズなアンテリアガイダンスを付与すること

〇 咬合接触の強さを考慮すること

〇 歯肉陥凹部が大きなアンダーカットとならないようにポンティック形態を考えること

以上の考えで治療にあたり、最終補綴物を装着できたのが昨日です。

最後に

「普段のイライラとした気分が解消できました。スッキリと何の違和感もありません。もっと早くお世話になればよかった。」

と言っていただきました。

この言葉と、素晴らしい笑顔とともに深々と頭をさげていかれる患者さんの姿は、何にも代えがたい一番のご褒美です

いつも 「ミクロとマクロの視点から歯科医療を考えなければならない。」と思っているアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



焼肉「鈴」で妻の〇〇回目の誕生日会

今日は妻の〇〇歳の誕生日です。

平日ということで、外食はなかなか難しいだろうと、昨日一日早めの誕生日のお祝いをしました。

会場は平戸牛の焼肉専門店「鈴」。

松浦市は佐賀牛(伊万里牛)で有名な伊万里市と平戸牛がおいしい平戸市に挟まれています。家族や末竹歯科スタッフと焼肉を食べに行くときには、いつも伊万里の「ハピネス村」に行っていましたが、高崎先生のブログを見て昨日は初めて平戸の焼き肉店に予約を入れました。

">前もって電話で注文していたので、お薦めしてあった「厚切りタン」は何とか一人前だけ確保してもらっていました。

 

 

早速でてきた本当に分厚いタンをこんがり焼き、皆でいただきましたが、噂に違わぬ絶品でした。

ごちそうさまでした。

土曜、日曜とおいしい食事をして充電完了のアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



ゴッドハンド 石川修一先生

前回のブログに書いたように、昨日は下関に行ってきました。

途中のセブンイレブンでおやつを買い込み、快晴の中、気持ちいいドライブを楽しみました。

予約時間が午後6時20分で、少し早めに着きそうだったので、関門橋そばの和布刈(これで「めかり」と呼びます)パーキングで夕日に照らされた関門海峡と門司港をカメラに収めながら休憩し、目と鼻の先の目的地へ向け再出発。

">

 

 

 

 

 

">

 

 

 

 

 

 

 

下関インターで降りたら、車で10分かからないところにゴッドハンドがいらっしゃいます。赤間商店街の中にある市営駐車場に停めた頃には6時5分で、ちょうどいい時間に到着できました。

石川カイロプラクティック研究所は、商店街の古い建物の2階にあります。お世辞にも「近代的でおしゃれなクリニック」とは言えませんが、この職業やっぱり

『 腕 』

ですね。予約の患者さんがひっきりなしに来て、出て行かれる頃にはすっきりした表情になっていらっしゃいます。
(参考)石川カイロプラクティック研究所
 〒750-0004 下関市中の町1-16 三林ビル2階
 TEL 0832-35-6911

">

 

 

 

 

 

 

 

5月に整体をしていただいてから4ヶ月も経っていましたので、痛みを感じる場所があちこちにありましたが、それを訴える必要がないのです。全部当てられてしまいます。「気」でわかってしまうというのです。

全く健康な人間は、体全体が「気」で覆われ、それが滞ることなく循環している。調子悪い場所、痛いところがあるとその気が穴が開いたようになくなり、ズボズボ、スカスカ状態になっていて、触らなくても手をかざすだけでわかるということです。右手をかざしながら、左手の親指と薬指を使ってなにやら「指ぱっちん」のような動作を同時にされています。

「何をされているのですか」

と尋ねると、

「O-リングテストです」

と石川修一先生。普通O-リングテストは患者にO-リングを指で作らせ、それを術者が引っ張ってウィークポイントを探し当てるという東洋医学的な一つの方法ですので、患者にお手伝いをしてもらわなければなりません。このテストを一人でできるということだけでも、神様が一握りの人間にしか与えていない 「才能」 がなければ習得できないことです。

ゴッドハンド 石川修一先生は石川カイロプラクティック研究所を設立されておよそ20年経つそうです。開設当時は「カイロプラクティック」を中心とした施術院であったことからこの医院名になっていますが、その後は様々なことを習得して、自分でアレンジされ、現在は「頭蓋オステオパシー」を中心とした治療になっています。

ちなみに「オステオパシー」の免許を米国で取得するためには、6年間学校で教育を受けなければなりません。

昨日も

「ここが痛いですか?」

ではなく

「ここが痛いですね」

でした。

 

 約40分の治療を受け、すっかり「元気オーラ」をまとった後は、体の中(胃袋)を元気にするために、歩いて5分の唐戸市場へと直行。目的は日本で一番美味しい回転寿司屋です。名前は

">海転 からと市場寿司(×回転)

 

ふぐ(しものせきでは「ふく」です)の水揚げ高日本一で有名な唐戸市場の2階にあります。高級寿司屋に負けないネタであるのに、値段は普通の回転寿司とほとんどかわりません。昨日もふぐの赤だしとともにたらふく食べて、デザートには完熟マンゴーもいただいたのに、2000円ちょっと。大満足でした。

あちこちの体の歪みがとれ、体の中も元気になったので、長崎県松浦市までノンストップで運転して帰りました。

明日は妻の誕生日なので、平戸の焼き肉「鈴」に厚切りタンを食べに行こうと計画しているアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、お時間があるときに右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



下関までロングドライブ

午後1時、本日の診療が終わりました。

今から軽めの昼食をとって、少し仮眠をとり山口県下関市まで車を走らせます。

歯科医としての職業病だと思いますが、いつも不自然な、ねじれた姿勢で仕事をしているとあちらこちらにひずみが溜まって、体が悲鳴を上げ始めます。

今日はそれを解消しにあるクリニックに向かいます。

「なにも下関まで行かなくても……。福岡ぐらいにあるんじゃない?」

と聞こえてきそうですが、それは違います。私が行くクリニックは完璧な

ゴッドハンド

がいらっしゃるのです。

数年前の話ですが、体全体が痛く、特に左肩はズキンズキンと拍動痛がありました。

とあるかたの薦めでその時に行ったのが、今から向かおうとしているところなのですが、どうしようもない苦痛をたった2回の通院であっけなく消し去ってくれました。

このことに関して書き始めるととても長くなりそうなので、詳しいことは明日以降のブログで紹介します。

 

歯科医のみならず、普段不自然な姿勢で仕事を続けなければならない皆さんには是非お薦めのクリニックです(こんな風に書くと明日のブログを読まなければならなくなりましたね)。

ただし、「ゴッドハンド」ということで2~3週先まで予約がいっぱいですから、ご自分のスケジュール帳とにらめっこをして早めにアポイントをとられた方が良いでしょう。

長崎県松浦市から下関まで日帰りするつもりの、気持ちだけは元気なアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、お時間があるときにプチッとクリックお願いします。



僻地(へきち)開業歯科医師からの発信

昨日はたいへん勉強をされている歯科医の先生がご家族で来院されました。

お子さんの矯正治療をということでしたが、「頭蓋・顎顔面・口腔咽頭治療」についてホームページで事前に十分チェックされていましたので、治療内容・概念についての説明が核心部分までできました。

通院がたいへんな距離ですが、頑張って通っていただきたいと思います。歯並びのみならず、多くの問題も同時に改善できるように治療にあたります。

このT先生も、わたしと同じように長崎県県北の僻地で開業しながらいろいろな発信をされていますので、アラフィフ歯科医もまだまだ楽しく勉強をして、さらなる発信をしていきたいと思っています。乞うご期待!!

お時間があるときに応援クリックお願いします。



ポイントでロンドンへ行こう

当院がお願いしている税理士に、歯科医院の経費に占める

[ 材料・器械費 + 外注技工量 ]

が、平均20%であることを随分前から教えていただいております。

それにも関わらず、末竹歯科医院はほぼ一定で30%弱です。ある本によれば、【経費増大型】に属するという割合なのですが、あまり気にしていません。

よい材料を使い、素晴らしい技工士にお願いすることで、よい歯科医療を提供でき、患者さんの満足度が向上し、最終的には経営が安定すると考えているからです。

それだけお支払いしている材料・器械代を、つい最近カードを使って払うシステムに変更しました(インプラントに関しては随分前からそうしていますが‥)。
支払った金額に応じて、ポイントが付与されるというどこにでもあるシステムですが、支払う金額が大きいこととポイントで航空券に購入すると他の商品に比べて非常にお得であるということが異なるところです。

 

来年オリンピックイヤーの6月に、ロンドンの学会で「頭蓋・顎顔面・口腔咽頭治療」に関する発表を行わなければなりませんが、その往復チケットをアメックスのカードポイントでまかなえるかもしれません。

密かにビジネスクラスで、それもポイントのみでロンドン往復しようともくろんでいるアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



夫婦の技術

10代の夫婦はセックス夫婦です。

20代になると愛で夫婦。

30代になると努力して夫婦。

40代になると我慢の夫婦。

50代になるとあきらめの夫婦

60代になるとお互い感謝で夫婦。

やっと夫婦です。

                          永六輔

永六輔さんらしいおもしろい見方です。

このブログを読んでくださっている皆さんはどの夫婦?

結婚して20年以上経ちますが、まだまだ〇番目の夫婦のアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。