アーカイブ 2011年 10月



RAMPA(ランパ)システムポスター

昨日セミナーから帰るときに、佐賀の矢島先生からポスターをいただきました。

RAMPAシステムを患者さんに知っていただくために、ご自分がデザインされたものだそうで、さすが女性歯科医、たいへんかわいくできあがっています。

早速当院の待合室にも貼ります。

ありがとうございました。

毎週末モティべーションの高いいろいろな先生がたとお会いし、そのたびにエネルギーをいただいているアラフィフ歯科医を応援していただける方、お時間があるときに右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



三谷寧先生ともにお話をさせていただきました

RAMPA2期の先生方へ、三谷寧先生の講義の後、『口腔内写真と顔貌写真撮影の実際』 について2時間お話をさせていただき、先ほど戻ってきました。

会場では、たいへんな歓待を受けました。お世話になりました。ありがとうございました。

受講された皆さんには、

○規格写真を撮っていただき

○比較して変化を追い

○自分が行った治療について、冷静に評価を行い

○臨床にフィードバックして

さらに臨床レベルを向上させていただきたいと思います。

皆さん熱心な先生ばかりで、自分自身ももっと精度を上げていかなければならないと感じたアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。

 



劇的微糖 糖類90%カット

間違いなく紅茶党の私。

それでも時々香り豊かなコーヒーをいただきたくなることがあります。

しかし、缶コーヒーはダメです。紅茶には少ないその『香り』がないだけでなく、

看板(ラベル)に偽りあり

だからです。

缶コーヒーの無糖はただ苦すぎるので、ほのかな甘さのものがないか探していて、「超微糖」など、それらしいラベルを見つけて気が向いたら?試してみるのですが‥‥‥、いけません。

甘過ぎです。砂糖水です。水が必要になります。

先日、自販機で

「劇的微糖 糖類90%カット」

というそそられるラベルのコーヒーを見つけたので、これは本当に、本当かも‥と淡い期待を抱いて購入し、一口ゴクリ。

やっぱりね。

メーカーさん。糖類99%カットの缶コーヒー作ってもらえませんか?

無糖の缶紅茶は美味しく飲めるアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



Biobloc・RAMPAのための口腔内写真、顔貌撮影の実際

今週日曜日は、バイオブロック・RAMPAの勉強をし、臨床に応用されているグループの皆さんに

『Biobloc・RAMPAのための口腔内写真撮影の実際』

と題して2時間講演させていただきます。

今回は、実習がありませんので、小さなコツ・さじ加減をどのようにお伝えするかスライド内容を検討中です。

顔貌の規格写真を撮影する方法も内容に入れ込んでいきます。

1枚の写真の中にできるだけ多くの情報を入れるために、口腔内写真撮影の時には、集中しすぎていつも少し汗ばんでしまうアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



人生の時計は一度しかネジを巻かない

【人生の時計は、一度しかネジを巻かない。

その針がいつ止まるか、遅れるか、それとも、もっと早くか、誰も知らない。

今だけがあなたの時間だ。

生きよ、愛せよ、心をつくして働け。

明日があると思ってはならない。

何故なら、その時、人生の時計は、止まっているかもしれないから。】  山田俊夫「生きがいのある人生」 より

もう私の人生の時計もネジが巻かれ終わっているのですね。

いつ終わるか予測ができない人生、今日一日心を尽くして治療にあたります。

I’ll do my best.

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



難解な単語続出

右の写真は土曜日に宿泊したホテルでいただいた夕食の内容です。

「どうです?いいもの食べたでしょう。」

などと言いたいのでは決してありません。

言葉がわからなかったということを書きたいのです。

まず、初っぱなから

『アミューズブーシュ』

はぁ~、何ですか? 献立のことですか?

前菜に続き

「岩手県花巻産ほろほろ鳥のショーソンでございます。」

と言いながら料理をテーブルにおくスタッフ。わかったような顔をして

「ありがとう」

と私。

『ショーソン』なんてわかるわけないじゃないですか。ごく普通の家庭出身なのに‥‥。

その後も次から次へと意味不明?の単語が出てきました。

くずまきロゼワイン? グラニテ? パータフィロ?

同じ美味しいモノならば、やはり日本料理ですね。箸で食べられますし、料理の名前も何となくはわかりますから。

上品な料理を一人で寂しくいただいたアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



小児歯科の重鎮 来訪

昨日、小児歯科界の重鎮 M先生がいらっしゃいました。

理由は、私が年賀状に一言

「残りの歯科医人生をかけて取り組もうと思える治療に出会うことができました。」

と書き添えておいたため。

この一行を書いただけで、午後の診療を休んで来ていただけるのも、M先生の優しさ、お人柄だと思います。

M先生には、私が講演で使用するスライドを見ていただき、また実際に矯正装置、患者さんの口腔内の状態、顔貌の変化を確認していただきました。

前後しましたが、その治療はもちろん「頭蓋・顎顔面・口腔咽頭治療」です。

治療が終わって、M先生が一言

「いやー、うれしいですね。」

大ベテランで、たいへん著名なM先生は、私が思うよりも遙か前に、今のままでは歯科界は衰退すると感じておられたようで、現状を打破できる治療に出会えたということで、思わず出た言葉だそうです。

マイクロスコープや強拡大のルーペを用いての 『 Micro 』 の治療は歯科が発展する中で当たり前のように出てきた器機だと思いますが(ただ、この傾向が続けば息苦しくなります)、明らかに今の歯科界には 『 Macro 』 の視点でものを見るという習慣が欠けています。

この 『 Macro 』 の観点から、階層(ヒエラルキー)でいえば歯列よりも遙か上位と考えられる「頭蓋・顎顔面・口腔咽頭治療」を、歯科界のために急いで広めていかなければならない、またそのためには大学を動かさなければならないとおっしゃっていました。

同感です!!

昨日は、診療をしながらの説明、またスタディーグループでもたいへんお世話になった重鎮のM先生が半日横にいらっしゃるということで、久々に緊張しました。

それと共に、たいへん心強い援軍を得た気がします。

M先生、患者さんのために、将来の歯科界のために力をお貸しください。よろしくお願いいたします。

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



30分12秒

">昨日、ベルサール秋葉原(三井不動産秋葉原ビル)にて、デンタルセレブレーションが行われました。

宿泊していた東京駅隣のホテルから会場へ向かってビックリ。

9時30分開演で、45分前に到着したのに、大きなビルの一階は聴講されるであろう、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、他歯科関係者でごった返していました。

聞いてみると、1000名以上の参加があるということ。

(株)白鵬が大きなことを企画すると、必ず人が集まります。もちろん営業のかたたちの集客力が素晴らしいのだとは思いますが、スプラインインプラントユーザーのすそ野がいかに広がっているかもうかがい知ることができます。

このような熱心な先生方がホールを埋め尽くした中、私は午後の

「安全で確実は上顎洞挙上術はあるのか?」

というセッションで

「上顎洞底挙上術の実際 -歯槽頂アプローチ-」

と題してお話をさせていただきました。

多くの著名な先生方が登壇するこのような大会において、内容とともに重要なことが

『講演時間を守ること』

です。直前までスライドの推敲をしていて内容は問題ないと思っていた私のテーマが、

「誤差を1分以内に!」

でした。結果は、30分の持ち時間に対して、決して早口ではなく普通にお話をして、

30分12秒

我ながら完璧でした。

様々な雑誌でHAインプラントが取り上げられて、その優位性が再確認されています。いまさらという感じはしますが、陳腐な古い文献に書かれているHAインプラントの悪口を鵜呑みにしているチタンインプラントをメインに使われている先生方には、早く目を覚まして欲しいものです。

いろいろな先生の話を聞き、しゃべりのテクニックについて勉強できたアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



最後のスーツ

ここ数年、夏用、冬用、あいものと1年に3着ほどスーツを新調していました。

理由は、音伍繊維さんが持ってこられる生地が、お値段はそうでもないのに素晴らしいこと(例えばCHODAIのSUPER TEX)。もう一つはウエストサイズが‥‥‥。

古いものは、随分処分していたのですが、それでもタンスいっぱいになってしまっていましたので、少々作りすぎかな-と思っていました。

しかし、このところ毎週末スーツを着なければならないので、クリーニングが間に合わず、足りないくらいになってしまいました。

本日、10月に着れる最後のスーツで東京に向かいます。

来週も、再来週も、その次も予定が入っているけど、大丈夫かな-。少しだけ心配です。

10年前と同じ食事をしても、順調にウエストが育ってしまうアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



初回視聴率19.7%でシリーズ過去最高の出だし

前々から楽しみにしていた相棒シーズン10が始まりました。

19.7%で過去のシリーズを超える好発進。

いつもじりじりと視聴率を上げていく相棒にとっては素晴らしいスタートとなりました。

通常、初回は内容が難解な政治ものが多いのですが、今回はありがち?な冤罪事件。

新鮮だったのは、殺害される女優さんが、長澤奈央だったということです。

長澤奈央?ダレ?

スーパー戦隊シリーズを子どもたちとずっと見ているお父さんのなかにはわかられたかたも、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

ハリケンジャーのハリケンブルー役をしていた女優さんです。台詞は少なめでしたが、相変わらずおきれいでした。

今から半年、忘れずにビデオ予約をして、「相棒シーズン10」を楽しみたいと思います。

シーズン10を通して神戸尊の過去が明らかにされるということにワクワクの相棒ファンアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。