アーカイブ 2012年 8月



『 上顎犬歯の位置異常にたいする処置法を考える 』

先日ブログでお伝えしていました、9月29日、30日の講演会における、私の抄録ができました。

以下の通りです。

短い時間のなかで、濃い内容の講演を行う予定でいますので、皆さんふるってご参加ください。

この世界にまだ足を踏み入れていない先生は、高確率で

「自分もあの治療を患者さんにやってさし上げたい」

と思い、帰途につかれることでしょう。

【 抄 録 】

不正咬合を訴えて来院される患者の中で、著しく中顔面の発達が悪い場合、埋伏している

上顎犬歯の極端な位置異常に遭遇する頻度が高くなってきているように感じる。上顎骨の

歪みによるスペース不足によるものか、あるいはその他の原因があるのかは定かではない

が、症例によっては、中切歯歯根付近に犬歯歯冠が位置する場合もあり、処置に苦慮する

ことが多い。今回、組織学的な背景と筆者の臨床経験から、上顎犬歯に関して

・どのレベルの位置異常であれば経過観察可能か。

・対処が遅れた場合にどのようなことが起こるのか。

・いつ対処すべきか。

・対処の方法は。

・対処の違いによりどのような結果の違いが起こる可能性があるか。

という問題に対して言及し、顎顔面口腔育成のためにとるべき指針を示したいと思う。

 

9月8,9日のバイオブロックセミナーが終わり次第、本格的に講演スライドを整備していこうと考えているアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



薩摩 蒸気屋 かすたどん

スイーツそれぞれに王様がいます。

例えば、ロールケーキでは、唐津にある

たまごいろのケーキ屋さんのロールケーキ

いろいろな場所で有名でおいしいと言われるロールケーキを食べましたが、このロールケーキの足下にも及びません。ロールケーキの王様と言うより、スイーツの王様であると断言していいくらい‥‥‥、っと今日はロールケーキの話ではありません。

いろいろな観光地でカスタード入りのまんじゅうが売られていますが、写真の

『かすたどん』

はレベルがちがいます。今や

『かるかん』

と並んで

鹿児島スウィーツの双璧

と言われる

『 薩摩 蒸気屋  かすたどん 』

は、そのボリューム、生地のふわふわ感、カスタードの甘さ・量のバランスが絶妙で、私の知る限り

カスタード入りのまんじゅうの王様

です。まだ食べたことがない方、是非ご賞味ください。納得していただけると思います。

昨日お土産でいただいていた『かすたどん』の最後の1個がなくなってしまいました。

お時間があるときに応援クリックお願いします。

">



バランスがいい夏休み

ある年齢以上のかたたちから、よく

「夏休みは子供さん達が多くて歯医者さんはたいへんでしょう?」

と聞かれますが、返事はいつも

「いいえ、いつも通りなんですよ。」

です。

今は、4,5月くらいに歯科検診があって、歯科医院受診のおすすめの紙をもらったならば、かなりの割合で早めに受診されます。

夏休みまで待って集中して

ということはなくなっているのです。

1日トータルでは、いつもと同じくらいの子供の患者さん数なのですが、学校がないぶん、午前中にたくさんのお子さんに来院してもらっています。

仕事帰りの社会人と学校帰りの学生さんがどうしても集中してしまう4時30分以降の患者さんのうち、学生(お子さん達)さんに分散して来院してもらえるので、診療時間中、それぞれの時間帯の患者数のバランスがよく、終わった後ドット疲れが出るということがありません。

このようにバランスがいい夏休みもあと3日で終わりです。

夏休みの宿題の追い込みのために、明日からは午前中に来る子供達が少なくなるのかな-と想像している(予約表を見ていないので)アラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。

 



何が主役か<何を優先させるべきか<何がより上位の問題か

今日I先生との熱いメールのやりとりで、再確認したことがあります。

人生のあらゆる場面でも言えることですが、どのような治療においても必ず

優先順位

があるということです。

また、数種類の材料を使う場合には、

何がメインで何がサブか

ということも考慮すべきことになってきます。

さらにさらに大事なことは、優先順位ではなく、

何が上位の問題か

という

階層(ヒエラルキー)

をどうとらえるかということです。

有能なI先生とのやりとりは、話のレベルを落とさすに、思っていること、また書きたいことを書けますので、随分スッキリした気がします。

お時間があるときに応援クリックお願いします。



たいへんお世話になりました

本日正午前に松浦に帰ってきました。

昨日は対馬歯科医師会の皆さんに医療保険のお話を井手先生とともにさせていただきました。

2時間30分あまり、予定よりもかなり時間オーバーし、また休憩を取らなかったにもかかわらず、ずっと真剣に聞いていただきました。

講演のあとは懇親会です。

たいへん美味な料理が次々と運ばれてきたのですが、特筆すべきは、

「これほど大きなものを同時にお造りにしてある盛りを未だかつて見たことがない」(松浦市は九州でいちばん大きな魚市場があるので魚を見る機会は多いのですが)

というほどの見事な

伊勢エビとヒラメ

でした。

大きいからと言って決して大味ではなくて、甘みがあり、味が濃く、絶品でした。

2次会、3次会にも連れて行っていただいた上に、ほとんどの先生方が最後までおつきあいをされるという

最上級の歓待

を受けました。

今朝は空港まで送りに来ていただき、お土産まで頂戴しました。

大変恐縮しています。

対馬歯科医師会の先生方、本当に世話になりました。

ありがとうございました。

このような機会がなければ、対馬のすばらしい歯科医師の先生方とお知り合いになることはおそらくないだろうと思われるので、医療保険の委員であることを「役得」であると考えているアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッと応援クリックお願いします。



プロペラ機恐怖症

本日はクリニックをお休みさせていただきます。

朝から長崎空港に行き、対馬に向かいます。

医療保険の研修会でお話をするためです。

今から少しだけ不安なことがあります。

もしかしたら搭乗する飛行機はプロペラ機なのでは?‥‥‥

 

今から14,5年前、全国各地で

『炭酸ガスレーザーの臨床応用』

に関する講演をさせていただいていました。

ある週の金曜日の診療後に佐世保で講演を行い、調子に乗ってそのまま夜のとばりの中へ消えていき、たいして眠らず松浦市のクリニックへ帰り、土曜日の午前中のみ診療。睡眠不足まま福岡空港に向かいました(鹿児島でレーザー治療の講演のため)。

福岡の空は快晴、ごく普通に搭乗手続きをしようとすると、

「強風のため飛行機が飛ばない可能性あり。また途中で引き返すことあり。」

という内容を伝えられました。

「まさかね。そんなことはないだろう。」

とスルーし、飛行機の中へ。

前日からの睡眠不足と、やっと休めるという安心感から座席に着くやいなや爆睡していました。

どれほど経ったかもちろん記憶にないのですが、ものすごい衝撃音がした気がしていっぺんに目が覚めました。

乗っていたプロペラ機はまさに

木の葉

のように舞い、上下に大きく揺さぶられ(上下に10㍍以上だと感じました)、上の棚に積んでいた乗客の荷物はことごとく落とされていました。

この時、

「推進力のあるジェット機であればここまでないだろう、プロペラ機でだからこんなことになっているのだろう。」

と勝手に思いました。

バレーボールのトスのようなあまりの酷さに、またあまりにずっと続くものですから、尋常ではないと感じ遺書を書くために、揺れながら手帳とペンを探したことを憶えています。

居眠りから目が覚めてから鹿児島空港着陸までの時間が途方もなく長く感じ、恐怖による冷や汗と乗り物酔いで

ボロボロになっていました。

ヘロヘロになりながら2時間後行った講演も

ボロボロ

であったことは言うまでもありません。

この時以来プロペラ機恐怖症になってしまい、その時から今日までジェット以外乗ったことはありません。

大きな2つの台風が沖縄に近づいてきていますが、日曜日に対馬まで影響が出ることはないようなのでそれだけが救いです。

明日は公務なので、ヘロヘロにならないことだけを祈っています。

お時間があるときに応援クリックお願いします。



エンドの内容のつもりが…アレッ?

昨日は、佐世保市のT先生が午後から見学に来られました。

特に見たかったのは、バイオブロック、RAMPAを使用した治療だったのでしょうが、残念ながら昨日に限っていつもより調整の患者さんが少なめになっていました。

それでも、各ステージの装置調整や、RAMPAの調整、また当院の患者さんの中で難易度的に

東の横綱

クラスの

スーパーアドバンス

な治療がありましたので、そこそこは得るものがあったのかもしれません。

また、昨日も矯正治療相談の新患が二人ありましたので、ポイントを押さえて短時間で行う

コンサルテーション

は見ていただけました。

T先生曰く、

「末竹先生、やっぱりCT必要ですね。」

骨の中の永久歯の状態から、今後のどのような歯並びになっていくかということに対して誤差が少ない予測をするためには必要ですし、骨の3次元的なひずみに関しては

一目瞭然

です。

従来の線形分析を行うためということではありませんが、セファロもやはりあるに越したことはありません(上咽頭、気道、舌骨、スフェノイドアングル、下顎の回転等々参考にすべきところはたくさんあります)。

「結局末竹先生と同じ治療を行うためには同じ設備が必要なのでは?」

との質問も出ます。

それに対する私の答えは、心苦しいのですが、

YES 』

です。

この分野に限らず、よい治療を行うためには、適切な設備投資は必要ですし有料セミナーにも参加しなければなりません。

自分に関していえば器具の開発に関してもある程度のストックが求められます。

よい治療は健全な経営基盤の上にしか成り立たない。

これは厳然とした事実です。

T先生が昨日見学をされたエンドに関して書こうと思った(挿入する写真まで用意していました)ら何を間違ったか、今日のブログの内容になってしまって???なアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の歯科医ボタンをプチッとクリックお願いします。



やっぱりためになる『夢をかなえるゾウ』

1年のまとめに、その年に読んだ本の中から選りすぐりの名言(自分なりの)をチョイスして、ワープロソフトでうち、手帳にファイルしています。

時間が空いたときには、最近は

スマホでfacebookをのぞく

ことが多くなりましたが、それでもそれと同じくらいに手帳をパラパラと眺めます。

今朝手帳でスケジュールを確認し、そのついでにいつものように、

厳選名言集

に目をやると、数年前にベストセラーになった

『夢をかなえるゾウ』

からの名言が目にとまりました。

いちいちごもっともな内容で、まあ普通にちまたに溢れている言葉の一つなのですが、明らかに違うのはその言葉を説明している文章が関西弁、それもストーリー仕立てであったということです。

今日はその中の一つを書きます。

決めたことを続けるための環境を作る

「本気で変わろ思たら、意識を変えようしたらあかん。

意識やのうて、

『具体的な何か』

を変えなあかん。

具体的ななにかをな。」

新しい本を次々と買い込んで読むのもいいのですが、たまに昔買った本を読み返すと、その時々で以前とは違ったとらえ方ができて新鮮です。

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



サルスベリの花

来期長崎バイオブロックベーシックセミナー受講の怒濤の希望ラッシュも一段落したようで、今日は少し落ち着いた朝を迎えています。

いつもより早めに起きて朝の散歩に出かけました。

日中の気温は高いのですが、立秋を過ぎたあたりから、何となく秋の気配を感じるようになってきています。

自宅には少し盛りは過ぎているものの、未だ鮮やかな色の花を咲かせている

サルスベリ

がありましたので、カメラに納めました。

今週も週の後半はハードなスケジュールが待っています。

体調を整えながら、準備をしたいと思います。

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



予想を超える希望者が…

● 勉強になりました。

● 大変興味深い内容で感動しました。

● 自分でも、この治療を患者さんに是非やってさし上げたいと思いました。

● 今日の講演は、私にとって目から鱗が落ちる内容でした。

● 床矯正装置を使用しての治療に限界を感じていましたし、鼻腔との関係や最近の子供さんたちの顔貌の異常の原因などについてはっきりさせることができ、非常にすっきりした講演会でした。

● 歯列弓の拡大か?とばかり思っておりましたが、大変奥深い話で驚きました。

● 劇的な姿勢、顔貌の変化に感動しました。

昨日の

バイオブロック講演会

を終え、現在までの間に来年度の

第2期長崎バイオブロックベーシックセミナー

の受講を希望されてメールをいただいた先生がたの声です。

13時~17時、4時間という限られた時間の中で、受講していただいたかたたちが、

全員

「何とかセミナーを受講したい」

と切望されるようにとスライドを作ったことは事実ですが、1日にして予想を超える反響です。

セミナーをあまり広くない末竹歯科医院研修室で行うため、少人数制で行っていますが、今回この講演を聴かれた先生方の中から必ず受講希望者がでると予想していましたので、

特別枠

として、2名分確保して一般の募集を終了していました。

実際には、講演が終わったすぐから私にセミナー受講を直訴されるかたが2名あり、その後も受講申し込みのメールが次々と舞い込んでいます。

今後も受講希望者が増える可能性があり、再来年度に回っていただくか検討中です。

1年間のコース以外に昨日のような講演会を不定期で行っていきますが、その時には必ずこのブログでお知らせをしますので毎日のぞきに来てくださいね~。

強烈な睡魔が襲ってくる昼食後の時間帯、それも適度にエアコンが効いた最悪?の環境の中、居眠りする人がいなかったことに感動しているアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の歯科医ボタンをプチッとクリックお願いします。

セミナー風景は、葉山先生のブログをどうぞ!

 http://ameblo.jp/hayamadc/