アーカイブ 2012年 11月



月曜日まで我慢

クリニックにあるもの以外に私の商売道具といえば

パソコン!

丁度1年くらい前、現在のメインマシン、

富士通LIFEBOOK SH76/EN

を購入してそれなりに快適に使用してきましたが、

いろいろなウインドウを開いた状態で、画像・動画を扱い、編集すると、どうしても

物足りなさ

を感じる今日この頃でした。

そのような時に

ウインドウズ8

が発売されました。

画面の美しさからサブマシンとしてMacの購入も検討していた私に、パソコンの先生のひとりである

益子先生から、

「今さらMacは必要ない。ウインドウズ8マシンを!」

と助言をもらったので、またまたやってしまいました。

何を?

一年そこそこで、またパソコンを購入してしまったのです。

13~14インチのノートパソコンとして、いや全てのサイズのノートパソコンの現在あるなかで、間違いなく

最強マシーン

を!

そのパソコンが今日届いてしまいました。

梱包を開けたくて開けたくてたまらないのですが、

頑張りました。

我慢しました。

今日は12月2日に鹿児島で講演するインプラント治療のスライドの最終チェックをしなければなりません。

ニューマシンを手にしてしまったならば、その仕事どころではなく、朝まで

あーでもない、こーでもない

といじりまくってしまうことは、火を見るより明らかです。

鹿児島から帰ってくるのは日曜の遅い時間ですので、何とか月曜日まで我慢してから包みを開けようと思います。

よく「ひと目だけでも」と箱を開けなかったな~と我ながら感心しているアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



平等に分ける

問題です。

13個のオレンジを3人の子供に公平に分けるにはどうすればいいでしょうか?

 

考えられる答えとして、

方法1‥4個ずつ分けて余った1個を3等分する。

方法2‥はかりを使って同じ重量ずつ分配する。

方法3‥ジュースにして分ける。

方法4‥食べて余ったオレンジのタネを土に埋め、たくさん実ってから同数ずつ分ける。

1,2は誰もが思いつく方法かもしれませんが、どちらも本当に平等とは言えません。

3は公平だと言えます。また4も発想がおもしろい。

公平により近い、3,4ともに子供たちが考えた案だというからおもしろいですね。

1,2のようなロジカルな発想よりも、このような柔軟なラテラルな発想ができる人が本当の意味で商売に向いているのかもしれません。

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



「震えがきました!」に私の方が感動

おはようございます。

月曜日の夜におこなった

西望歯学会

での

“ 不正咬合のウソと本当 ”

の講演後に、4名の先生からそれぞれに

「今まで歯医者になって数える事ができないほどいろいろは講演会に出ましたが、今日の話が一番感動しました。」

「あっという間に2時間過ぎました。もっとずっと聞いていたかったです。」

「感動しすぎて鳥肌が立ち、震えが来ました。」

「末竹先生のこれからのビジョンにしびれました。」

などと感想をいただきました。

短時間(といっても2時間弱)の講演として、構成を練りに練り、ストーリー仕立てにした

渾身(こんしん)のプレゼンファイル

時間をかけて作った甲斐がありましたし、講演をして、皆さんに伝わってよかったと心から思いました。

数年先になりますが、この西望歯学会の皆さんのうち、3名のかたが、私が主催する

長崎バイオブロックベーシックセミナー

に懇親会の席で申し込んでいただきました。

ありがたいことです。

西望歯学会の皆様本当にお世話になりました。

昨日は朝早く大村から返ってきて診療したので、夜の早い時間に眠たくなってしまい、ブログを更新できなかったアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



不正咬合のウソと本当

今日11月26日は月曜日。

平日ですが、夕方の診療を少しだけ早めに切り上げて、大村に向かいます。

スタディーグループ 西望会の11月例会で何か話をということでしたので、

「不正咬合のウソと本当」

と題して1時間30分ほど講演をさせていただきます。

様々な咬合誘導、矯正治療を取り入れ、経験しながら、現在の

顎顔面咬合育成治療

にたどり着く過程でわかった、

不正咬合に関して本当のようにまかり通っているウソ

限りなく真実に近いと考えられること

についてお伝えしてきます。

お時間があるときに応援クリックお願いします。



やっぱり好きじゃないとね

11月25日-半年前に入っていたインプラントセミナーが数ヶ月前にスケジュールから外れたおかげで、山積みになっていた仕事を2日前から今日にかけて片っ端にこなしていくことができました。

その仕事の合間、集中力が切れかけたときに手にした

スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ

という本の一節に目がとまりました。

「情熱をもって取り組めとはよくいうけど、本当にそのとおりだ。

情熱がないと、まともな人間ならまず続かない。

それくらい大変、マジできついんだよ。

しかも、一定期間ふんばらないといけない。

だから、好きでなかったり楽しめなかったりすると--

心から好きだと思えないと、途中で投げ出すことになる。

実際、ほとんどの人がそうなる。

社会的に“成功”できた人、できなかった人をきちんと観察すればわかるけど、

成功した人の多くは、自分のしていることが好きで、

そのおかげで本当に苦しい時期を乗り越えてきた人たちだ。

好きでない人は、“まとも”だからやめた。

だよね?

好きでもないのに頑張るモノ好きはいないよ。

必死にがんばって、常に頭を悩ませ続けないといけない。

好きでなければ、そのうち潰れることになる。」

 

毎日ハードなスケジュールをこなしていますが、一晩寝ればまたファイトがわいてきます。

自分の仕事が好きなんでしょうね。

「好きだ」と公言できる仕事に就けたことに感謝。

また、歯科医師になることを勧めてくれた亡き父に感謝。

合掌。

予定していたことをほぼやり終え、気持ちよくハードな来週を迎えることができるアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



ブログネタとしてはおもしろくありませんが‥

ブログネタとしてはあまりおもしろくありませんが、今日も昨日と似たような1日になりました。

今日の診療は、土曜日としては珍しくバラエティーに富んでおり(いつもはバイオブロック、RAMPA関連ばっかり)、バランス良くスムーズに流れて、ほとんど疲れを感じることなく終わりました。

昼食を軽く済ませると同時に、そのままクリニックでデスクワークへ!

今日は、今月が締め切りの顎顔面口腔育成研究会第1回会報の原稿を前倒しで仕上げようと自分に課し、昨日と同じように、つい先ほど

○ 原稿

○ 挿入する写真、図の選択

○ 図説

まで書き上げることができました。

ホッとひと息つく暇もなく、

明後日月曜日の診療後に大村東彼歯科医師会の有志のスタディーグループ

西望会

のお招きでお話をさせていただく

『不正咬合のウソと本当』

のプレゼンファイルを仕上げなければなりませんので、今から床につくまでの時間、その作業に没頭します。

ただその仕事が終わっても、水曜日に行われるスカイプ会議の準備(顎顔面口腔育成研究会のホームページについて)、来週日曜日に鹿児島で行うHAインプラントを用いた上顎に対する治療のスライドを充実させていかなければなりません(昨日のビデオ編集はその鹿児島講演のために行ったもの)。

一昨日まではこれらを考えるだけで憂鬱でしたが、

案ずるより産むが易し

一番時間がかかる、ビデオ編集と原稿作成を2日で終えてしまいました。

比較的自由な時間が多かった23日~25日の最終日、明日1日使って残りの仕事を全部やり終えてしまう予定です。

やっぱりやるときはやるアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。

 



2時間30分→9分43秒 に8時間弱

休みの日ほど目が早く覚め、ゆっくり本など読まずにすぐにたまった仕事をしてしまいます。

今日の

勤労感謝の日

もその通りになってしまいました。

朝の早い時間に自宅からクリニックに移動して、バイオブロックセミナー関連の資料を整理し、母と約束していた時間ぎりぎりまでパソコンとにらめっこをしていました。

バタバタとしながらクリニックをあとにして、母親を9時30分に迎えに行き、佐世保まで買い物へ。

11月に入ってやっととれた休日に、少し遅れた母親の誕生日プレゼントを買うために、本人を連れていき好きな洋服を選んでもらいました。

長男の買い物(修学旅行で使うというスーツケース)や私自身の買い物も終えて、昼食も済ませ、昼の2時過ぎには自宅へ帰り着くことができました。

その時間から、この日に集中してやるぞと決めていたインプラント講演会関連のビデオ編集を始めたのですが、やっと終わったのがつい先ほどのことです。

2時間30分

かけて撮影したものを

9分43秒">9分43秒

に編集するのに、諸々合わせて

8時間弱

やるからには、できるだけ質の高いものを求めたい方で、

0.01秒単位

の、完璧なつなぎにこだわったため、予定をはるかに超える編集時間になってしまいました。

もう少しで日付が変わってしまいますが、何とか1日で作業を終わり、こうしてブログを書くことができています。

まばたきをする回数が少なく、同じ姿勢の時間が続きましたので、

目と腰

が少し重い感じがしています。

明日は診療がありますので、

「ぐっすり眠れるジャズ」

のCDを聞きながら今から休みます。

今月中に仕上げなければならない仕事がまだまだたくさんあるアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



今年は柵外で豊作

">

 

 

 

 

 

 

今年も我が家のレモンが色づき始めました。

例年と違うのは、実が垂れている場所が庭の中ではないこと。

少なかった年の約倍のレモンがなっていますが、その半分以上が柵を越えて、

ゆらゆら

しています。

もう少しすると、市販されているものより酸味の弱い

自家製レモン

が、完熟した順にニンジンサラダなどのおかずの中に入っていく予定です。

 

出勤前に柵を乗り越え、足場の悪い場所でレモンを撮影してきたアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



白いものがいっぱい……要注意

レントゲン写真を撮って

白いもの

がいっぱい入っている。さらにこれが20代、30代の患者さんであれば、治療に際してよほど気をつけなければ

ヤブ歯科医

のレッテルを貼られることになります。

このレントゲンで白く見えるもの、それはもちろん神経の治療を行ったあと詰めるお薬、また金属の土台(メタルポスト)であり、虫歯になりやすさ以外に、脆くなっていて、もうすでに歯にひびが入っている可能性があります。

仮に

「自費治療で治してください」

と言われても

「ハイ~」

と全顎を治療したりすると、治療後に次々と問題が起き、

「あの歯医者さんで保険外治療してもどんどん悪くなってしまう」

などと悪い噂が立ってしまう可能性があるのです。

歯科治療には限界があります。

咬合診査を精密に行った上で、予後不良になる可能性をしっかり伝えておくべきだと思います。

お時間があるときに応援クリックお願いします。



昨日のブログアップ直後から問い合わせがあったので…

昨日のブログで来年度講演会開催をお知らせしたところ、パンフレットを作り替えていなかったにも関わらず、バイオブロックを本気で学んでいる

同 士

達が、facebook等でいきなりオススメする内容を掲載していただいたので

どうやって申し込むの?

と、もう複数の先生から連絡をいただいています。

来年早々にアップしようと思っていましたが、それでは遅すぎると判断し、一夜明けた本日、今年のパンフレットの日程と場所を変えたものを添付します。

随分先の話にはなりますが、必要事項を記入の上お申し込みいただき、日程を開けていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。