アーカイブ 2014年 6月



2人とも内容のある発表でした

20140629_084500修正昨日は、東京医科歯科大学歯学科第1講義室にて、

2014年 顎顔面口腔育成研究会(JACG) 例会

が行われました。

9時30分から16時30分まで、気鋭の先生方のバラエティーに富んだ、素晴らしい発表を拝聴しました。

その中で、長崎バイオブロックベーシックセミナー1期生の西田佳世先生と葉山康臣先生の発表は、

規格性のある口腔内写真、顔貌写真

を元にしたもので、しっかりした内容であり、セミナーを主催しているものとして誇らしく感じる時間となりました。

DSC01206修正第2期、第3期受講の先生方も参加していましたが、

「末竹先生が写真に厳しい理由が、今更ですが納得できました。」

と数人の先生から感想を聞かされ、

「良かった~。わかってくれた~。」

と、このことについてもうれしく思いました。

 

受講生たちがいろいろな意味で良い刺激を受けた今回の例会。

来年からはもっとたくさんの枠をいただき、どんどん発表をしてもらうようにできればと思っています。

 

次は10月最終週の JACG総会!!

私も皆に負けないように、そろそろ準備を始めるとしますか。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。

 



顎顔面口腔育成研究会 例会(in 東京医科歯科大学)

おはようございます。

早朝に起床し(年をとって目が早く覚めるようになっただけ)、ブログを書いています。

 

DSC01198修正6月も今日、明日を残すのみ、今年も半年が経とうとしています。

7月からもイベント目白押しなので、気合いを入れ直して頑張ります。

 

7月第2週の土日は、第3期長崎バイオブロックベーシックセミナーの3回目がありますので、その時受講生におわけする下顎のバイオブロックST1を選ぶために、使用済みのものを並べてみました。

壮観です(これでも一部ではあるのですが)

さあ、今日は

顎顔面口腔育成研究会(JACG)の例会

で、第1期卒業の

葉山康臣先生

西田佳世先生

のお二人が、長崎バイオブロックセミナーを代表して登壇されます。

あくまで本人が考えてプレゼンするもので、私が事前にチェックすることなどしていませんから、発表を今から楽しみにしています。

 

この瞬間、コロンビア、J.ロドリゲスのスーパーゴールを見て、「ああ、日本が勝てる相手ではなかったな」と納得したアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。

 



入れてもらえる総義歯

○ お口に入れていただける総義歯

○ 使っていただける総義歯

という条件の一つに、

邪魔に感じない

ということがあると思います。

一般的な本に書かれている方法のスナップ印象であれば(アルジネートの2重印象にしても)、どうしても必要以上に粘膜を横、あるいは下方へ押してしまいがちです。

また術者が強く保持することにより、1回1回かなり形の異なる模型ができあがってしまう。

この問題の解決方法の一つを教えてくださったのが、

阿部二郎先生

です。

DSC01190修正リムロッククトレー(阿部先生が推奨されているトレーではありませんが)をこのように加工して(「誰にでもできる下顎総義歯の吸着」ヒョーロン参照)、それを用いてうまく印象が採れる*ようになると、咬合採得の時に、相当な確率で “ そこそこ ” 吸着するろう提ができあがってきます。

*そこそこ修行は必要です(^^;)

ポイントは本にも書かれているとおり

アルジネート印象材を口腔内に満たし(シリンジを使って),アルジネート印象材を少量盛った枠なしトレーを口腔内に入れ,術者がトレーを押さえることなく閉口させて下顎安静位で硬化を待つ。』

ということです。

枠なしトレーのイメージとしては、

[ アルジネートの中にトレーが浮遊しており、トレーは印象が絡みつく単なる骨格 ]

ると考えるとわかりやすいと思います。

枠(トレー)で押さえつけることがない印象。

これは、デンチャースペースの採得を意味し、そこから起こしたろう提の具合の良さにつながり、結果、適度な大きさでしっかり咬合採得のできた完成義歯ができあがるという “ いい流れ” になるのです。

DSC01183修正因みに写真(セッコウ模型)の患者さんは、口唇圧・頬圧が非常に低いため、このように辺縁が厚めに採れています。

 

今日咬合採得させていただいた患者さん(写真とは別)は、どこの歯科医院で作ってもお口に入れることができる上下総義歯ができあがらないとのこと。

枠なしトレーで印象採得した模型で作ったろう提を用いたので、入れてもらえる総義歯の第1段階クリアーです。

 

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



カウントダウンスタート

カウントダウンがスタートしました。

今日で995回目のブログ更新。

あと5回で、

夢の1000回

を達成します。

50回目までは非常に長く、100回までも到達できるかわからなかった。

それが、500回を過ぎるころから、「ブログを更新する」ことを含めた生活のリズムができてきたのか、

“ 苦 行 ”

ではなくなっていきました。

気がつくと、来週の頭には、始めた頃には本当に夢にも思わなかった『 1000 』という数字に出会えそうです。

その日には、ホームページのトップでも達成できたことをお知らせしてお祝いしたいと思っています。

 

ブログネタ欠乏症は相変わらずのアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



~、姿を感謝で見守って、~

">1653460_806994019329725_3415565966584633098_n">1653460_806994019329725_3415565966584633098_n1653460_806994019329725_3415565966584633098_n自分が生まれたときの父親の年齢から「五十六」と名付けられた

山本五十六 第26代、27代連合艦隊司令長官

の名言の中で、一番上の文はあまりにも有名で、皆さんもご存じでしょう。

しかし、2番目、3番目となると・・・・・

恥ずかしながら、私は1年前に初めて知りました。

2番目まではそこそこ、ときどき、ごくまれにできているようですが、3番目となると・・・、ハッキリと

できていません!(実らせていないのか~)

書いているということは、山本五十六長官はできていたということでしょうね。

「~、姿を感謝で見守って、~」

死ぬまでにこの域に達することができるのかな~

 

お時間があるときに,応援クリックお願いします。



マニー様 ただ今絶好調

マニー様、ただ今絶好調!">マニーマニー様、ただ今絶好調!

何度も年初来高値を更新しながら、昇り龍で頑張っていただいております。

歯科用リーマー、ファイルやバー、ゲイツドリル、また歯科用マイクロスコープなどなど

どちらかというと

ニッチな分野

で “ 世界一 ”を意識しながら地道に頑張っているマニー様は、私の大好きな会社の一つなのですが、さすがに買値の軽く倍以上になってしまうと、手放す誘惑に駆られるものです。

「う~~ん、どうしよう。」

こんなときに、ある良書からの次のくだりが

“ 別れ ”

を思いとどまらせてくれます。

【こういう株は売ってはいけない】
大切なことは、時がたつほど大きな価値を生み出してくれる株は決して売らないということです。この考えを投資家の古い友人「キャピタルゲイン税」が少しばかり後押ししてくれます。成長株は、ほぼ常に割高であるとみなされているがゆえに、株価が上がると売却を勧められるのですが、いざ売るとなると、大きな値上がり益が得られるだけに、支払うべきキャピタルゲイン税も高額になります。ということは、今後長い間大きな投資利益を出し続けてくれるはずの株を永遠に失ってしまうおそれがあるばかりか、多額の税金を支払う義務まで背負ってしまうのです。その株は、これからもしばらくの間は、多少なりとも上がっていくだろうと思い込んでしまうほうが、安全で安上がりなのではないでしょうか。既に大きな含み益を得ているのですから、少しの間その株が、例えば35%ほど下がったとしても、それほど深刻な問題ではないでしょう。繰り返しますが、本当に大切なのは、一時的な含み益の減少を恐れることではなく、持ち株を売らずに保有し続けることなのです。

ちょこちょこ売り買いなどせず、どっしりと腰のすわった長期投資家だと自負しているアラフィフ歯科医。まだまだマニー様の応援を続けていきます。

 

「マニー株を今日の終値で全株売れば、マニー製マイクロスコープが何台か買えるなー」とまだちょっとだけ考えてしまうアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



魅せるプレゼンテーションとは?

様々な学会や研究会、スタディーグループにおける発表で、最近非常に気になるのが、

“ 魅せるプレゼンテーション ”

について完全に誤解していらっしゃる先生がたいへん多いということ。

自分がWindowsユーザーだから言うわけではないのですが、明らかにMacユーザー、というよりも

Keynote

ユーザーにその傾向があるようです。

R0013171修正

文字を見事(?)に踊らせてみたり、なぜか写真を燃やしてみたり(もちろんソフト上で)で、いったい何をしたいのか、何を伝えたいのかがさっぱりわからない!

また、縦横比が明らかにおかしく、いかにも

「Photoshopで加工してトリミングいたしましたが、何か?」

というような小さめの写真が、一画面上に所狭しと、アットランダムにちりばめられていたりする。

よせばいいのに、細~い、特殊なフォントなどを使われていたりもする。

 

なんですかね~

全く魅力がない!

魅せるプレゼンではない!!

何よりも、きちん規格化された写真とレントゲン写真が撮れていることが大前提ですが、その次には、写真の良書をじっくり読み込み応用された方がいいと思います。

そうすれば、アニメーションなどは100スライドのうち、せいぜい3~4つ位に抑えられることでしょう。R0013178修正

やっぱり、

アニメーションが素晴らしい ≠ 魅せるプレゼンテーション

ということだけは理解しておいたほうがいいですよね。

参考までに、文字スライドについては、この小さな本

「論理的にプレゼンする技術」平林 純著 サイエンス・アイ新書

をお勧めします。

 

お時間があるときに応援クリックお願いします。

 



規格外サイズ

">10408903_647385645344048_3613376797188616672_n日は午後4時より対馬市歯科医師会にて、長崎県歯科医師会の事業の一つである、離島社会保険研修会を行ってまいりました。

 

講演後、講演会場のすぐ近くにある

料亭 志まもと

さんにて懇親会を行っていただきました。

志まもとさんは、料理漫画で有名な

『美味しんぼ』

左から、高森先生、女将さん、facebook友達の竹村先生。皆いい笑顔。ナイスショットでした。

左から、高森先生、女将さん、facebook友達の竹村先生。皆いい笑顔。ナイスショットでした。

で取り上げられています。

その98巻「日本全県味巡り長崎編」に対馬のこと、このお店のことや写真の女将さんが載っているということです。

入り口には原作者の雁屋哲さんの写真もあります。

 

2年前に対馬を訪れた際にも、志まむらさんの料理に舌鼓をうちましたが、今回は

・前回をさらに上回る規格外サイズの伊勢エビ(対馬の先生方も「見たことがない」とうなっていらっしゃいました)

・これまた巨大なブリカマ

・珍しい穴子の刺身(足が早いのでなかなかお客さんには出せないとのこと)

などなど、写真を撮りまくりながら美味しくいただきました。

">20140621_192617修正20140621_193210修正

 

 

 

 

 

 

 

20140621_193718修正普段、自宅で晩酌することがなくお酒が強くない私も、素晴らしい先生方と杯を酌み交わし、細い目はさらに細く、顔は真っ赤になってしまいました。

その後、2次会、3次会へ・・・・・・・、7時から始まった懇親会は延々1時30分過ぎまで続きました。

対馬市歯科医師会の皆様には、本日空港まで見送りに来ていただき、お土産まで頂戴しました。

恐縮しております。

本当にお世話になりました。

 

今度は、学術講演会で対馬にお伺いすることを約束して帰ってきたアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



2年ぶりの対馬

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA今日、6月21日(土曜)は、診療を早めにスタートして早めに終わり、すぐ福岡空港へ向かいます。

今週はいつもの学術関係ではなく、長崎県歯科医師会3役の先生方、社会保険委員会委員長とともに、長崎県社会保険委員として

対 馬

へおもむき、説明をさせていただくためです。

私の役目は、司会進行と義歯関連の解説となっています。

「どんな質問でもどうぞ!」

というほど知識が深くありませんので、直前まで準備をしたいと思っています。

 

2年ぶりの対馬になります。

対馬歯科医師会の皆様、お世話になります。

どうぞお手柔らかに、よろしくお願いいたします。

 

2年前の懇親会での巨大伊勢エビが忘れられないアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



空中へ・・・・

">20140620_063731修正20140620_063707修正

 

 

 

 

 

 

今年もブラックベリーが元気です。

緑色から濃い紫色へ、徐々に色をつけている実が、い~ぱいなっています。

20140620_063723修正太いところでは、直径が1センチ弱もあろうかというツルがどんどんどんどん、空中に伸び、芝生の方にも伸び、邪魔になるので一部は柵に結びつけました。

その部分にもたくさんの実をつけているブラックベリー。

生命力抜群です!

 

豊作は喜ばしいことですが、

「ブラックベリーの実が多い」=「何度も何度も種を濾(こ)しながら何杯もブラックベリージャムを作らなければならない」

ということになりますので、妻にとってはうれしいことではないのかも‥‥‥

ガンバレ~~

 

[ カスピ海ヨーグルト+ブラックベリージャム ] が大好きなアラフィフ歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。