アーカイブ 2014年 10月



インパクト十分 日経新聞1面トップ記事

やってくれました。

DSC02154修正最高です!

ソフトバンクが日本一になったことじゃないですよ。

(株)テルモのことです。

本日の日本経済新聞の一面トップに

『 心不全の心臓再生 テルモ 実用化へ申請 』

とありました。

詳しくは新聞やネットで読んでいただきたいのですが、これまで国内で実用化された再生医療の対象は火傷(やけど)などにとどまっていました。それが、開発された細胞シートを用いることによって、

心筋梗塞を起こした重症心不全の患者などに心臓回復の手段を提供できる

という記事なのです。

テレビドラマ『医龍4』で、医療特区という限られた施設でのみという条件付で「心筋シート」による治療が行われていましたが、安全審査が終了すれば、フィクションではなく、現実に大阪大学ほか複数の医療機関でこの再生医療が受けられるようになります。

審査が1年と時間を要しますが、実用化申請というだけでもインパクト十分の画期的なニュースであることは確かです。

医師も歯科医師も、その製品の品質に信頼を置くテルモ。

さすがです。

 

テルモの株主であることが誇らしいアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



スマートなプレゼンテーションのために パート2

先週の学術大会を含めて、学会などで他の人のプレゼンテーションを見聞きしたときの感想を一言。

1枚のスライドでしゃべりすぎ。

1枚のスライドに何でもかんでも詰め込みすぎ。

文字スライドが多すぎ。

スライドデザインを変に懲りすぎ。

 

この数年で、

非常にスマートですばらしい

と素直に感動したのは、尊敬するインプラントの大家、私の師匠でもある

林揚春先生

のスライドだけでした。

きれいな規格化された写真と、ポイントで使用される見やすい大きさの文字スライド。

さらにテンポ良くスライドが入れ替わるため、強烈な睡魔が襲ってくる昼食後の時間も十分睡魔と戦うことができました。

私のプレゼンスライドが、基本的に

『 写真のバックは黒 その場合の文字色は白 』

となっているのも、林揚春先生のセミナーを受講し、スライドを見て

「かっこいい~~」

と思ったからです。

 

・1枚のスライドで伝える内容は1つにしましょう。

・文章が長い文字スライドは、1つのプレゼンで多くても2~3回程度に止めておきましょう。

・20ポイントより小さな文字は後ろから読めません。20ポイント以上、できれば24ポイント以上の文字を使用しましょう(但し、大きすぎると “ 下品 ” になりますので注意が必要です)。

・ウインドウズユーザーはヒラギノフォントなど、ギザがでないフォントを用意しておきましょう。

・「途中の○○枚目のスライドから最後のスライドまで◇◇分必要」ということを予演を行って把握し、時間的に計算された発表をしましょう。

・プレゼンは文章と同じです。最後に「結局何が言いたかったの?」とならないように、起承転結がはっきりした構成に仕上げておきましょう。

 

以上が私からのアドバイスです。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



ウ~~寒いね~~でラジオ体操

毎年10月の最終週あたり、松浦市のイベントで言えば、水軍祭りが終わった頃から急に

涼しいから寒い

に変わってきます。

今年も例外ではなく、ここ数日、朝起きてから話す一言目が

ウ~~寒いね~~

になっています。

 

少し体を温めてから朝のウォーキングに出ないと風邪をひきそうなので、2,3日前から、自分で

チャーンチャチャチャチャ・・・

と心の中で伴奏をしながらラジオ体操第1と第2の両方やり終えたあと(途中何度も腰のあたりがバキバキと音を立てます(^^;))、まだ明けきれていない空のした玄関を出るようにしています。

今日も出勤前の40分間の準備運動(ラジオ体操+ウォーキング)を終え体がほぐれましたので、気持ちよく仕事を楽しみます。


">DSC02139修正
DSC02141修正

 

 

 

 

 

冷たくて耳が痛くなったので明日からはニット帽の出動かなと思ったアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



現品限りのはずじゃ・・

先週の土曜と日曜、講演会場であるソラシティーカンファランスホールの横の部屋は、立派な業者の展示会場となっていました。

型落ちしたNikonD90のボディーをベースに

長崎バイオブロックベーシックセミナー 末竹仕様

として、口腔内写真撮影用カメラの作製・調整を継続的にしていただけるようお願いしている

(株)ソニックテクノ

DSC02134修正のブース前でひとしきりお話をしたあと、他の所も見回っていると、ある文字が目にとまりました。

〈 展示品限り 〉

そのお品は、

ネコと犬の頭蓋骨模型

で、人間の頭蓋骨分割模型の中に紛れていました。

 

DSC02128修正これらと、さらにその横にあった手のひらサイズのかわいい(?)スカルを手に取り、

「この3つください。」

○○千円お支払いし、パンパンの旅行用バッグの中に押し込んで帰ってきました。

 

「ネコと犬の模型買って何に使うの?」ですって?

え~~~と~~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わたくし、衝動買いをしてしまいました(^^;)

因みに、帰る間際そのブースの前を通るとなぜか新たなイヌとネコのスカルが・・・

 

「現品限り」の文字に弱いアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



お仕事終了

DSC02121修正先ほどほぼ予定どおり、1時間の講演を終了しました。

昼食直後であったにも関わらず、皆さん真剣に聞いていただきました。

ありがとうございました。

たくさんのメッセージを込めたプレゼンで、多少トゲがある講演であったことは理解していますが、

問題を見つければ警鐘を鳴らすことが私の役割

と自覚していますので、何かを考え直すきっかけになったのであれば、

DSC02123修正目標達成!

ということになります。

あと数名の講演を拝聴して、帰途につきます。

 

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



1日目終了

おはようございます。

昨日は、御茶ノ水ソラシティーカンファランスセンターにて

第3回顎顔面口腔育成研究会学術大会の第1日目

が行われました。

細部については書きませんが、午前、午後ともすばらしい講演でした(写真もありません)。

終了後、東京駅のステーションホテルにて懇親会です。

久しぶりに再会するかたも多く、2時間強、ほとんど食事をとることもなく、ワイン片手に楽しく親睦を深めてきました。

三谷RAMPAセミナー1期の先生がた、関崎先生と

三谷RAMPAセミナー1期の先生がた+関崎先生と

三谷会長の挨拶

三谷会長の挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別講演をしていただいた吉田敦子先生

特別講演をしていただいた吉田敦子先生

大盛況の懇親会

大盛況の懇親会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎バイオブロックベーシックセミナーの先生方と。懇親会場に散らばっていましたので、写真は一部の先生です。

長崎バイオブロックベーシックセミナーの先生方と。懇親会場に散らばっていましたので、写真は一部の先生です。

終了後、宿泊しているホテルにもどり、今日私が行う講演の

予演会

を行いました。

仲間たちに聞いてもらい、1箇所改善点が見つかりました。

ありがたいことです。

午後1番の時間帯で、聞いている方たちには睡魔との戦いだと思いますが、私らしい講演を行い、しっかりとメッセージを伝えてきたいと思います。

 

 

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



「良いようですよ。噛みやすいです。」にホッ

DSC_5257「浮いてくるので義歯を新しくしたい。」

という主訴の患者さん。

見ると、何度も修理してつぎはぎだらけの上下総義歯をつけていらっしゃいました。

その義歯は何十年も前に作ってもらって、いつ作ったかは定かではないとのこと。

これらの情報と旧義歯を写真を見ていただいたら、義歯新製を承ることに躊躇してしまうのがわかっていただけるでしょう。

何十年も使っている・・その義歯の大きさ、かみ合わせ、舌感になじんでいる

浮いてくる・・=新しくして浮かないぴったりした義歯を作って欲しい

貧弱なスケートデンチャーを長い間つけていらっしゃった患者さんの顎堤がしっかりしていることは少ないし、事実、下顎はほとんどフラットに近い顎堤の状態でした。

大きく作り、ボーダーの豊隆、舌で押さえ込んでもらうための研磨面形態を工夫すれば、顎堤の状態によらずある程度の吸着は得られますが、何十年も使われた旧義歯と比較して

本人が「異常」と思うような大きさの義歯

を作っても使っていただけないことはよくあることです(若いときはたくさん経験しました)。

印象を行う前に上記のことを伝え、旧義歯に勝てる、つまり患者さんに使っていただけるような、そして主訴の

吸着する新義歯

ができあがるかどうかはわからないことを伝えました。

そうすると、返ってきた言葉が、

「末竹歯科で義歯を作ったら具合がいいって皆さん言ってらっしゃいますから・・」

ますますハードルを上げてしまってから治療を開始することになりました(^^;)

 

DSC_5267つい先ほど新義歯を調整・セットしました。

私自身の感想としては、

「ちょうど良い大きさかな。吸着もあるようだし、使ってもらえるかも。」

最終研磨が終了し、口腔内に入れ

「どうですか?かみ合わせなど悪くないですか?」

「良いようですよ。噛みやすいです。」

技工士のおかげもあり、第1段階はクリアーできたようです。

 

○○さん、細かい調整が必要かもしれませんので、あと数回通ってください。

まだ77歳。おいしい物を食べて長生きをしてくださいね。

 

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



はまります。熱く語るようになります。愕然とします。

明日の診療後に東京に向かいます。

第3回顎顔面口腔育成研究会学術大会

に参加するためです。

バイオブロック、RAMPAを用いた顎顔面口腔育成治療を学び、治療を行い、成果が出てくると、その先生方は

・この学問にはまります。

・熱く語るようになります。

・どのように極めていようとも、矯正治療に限らず全般的な従来の歯科治療(もちろんインプラント治療もです)が、悲しいくらいに小さな範囲で行っていることや、もたらされる結果を比較して愕然とします。

斜に構えず、壁を作らず、真剣に聞いてもらえば、

歯科が取り組むべき新たな分野であることがわかっていただけると思っています。

 

様々な可能性を秘めた顎顔面口腔育成治療のさらなる発展のために、日曜日は良いプレゼンを行いたいと思います。

 

充実した大会になることを願ってやまないアラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



有機栽培 佐藤農場のみかん

 

佐藤農場NHK「あさイチ」で紹介された、佐賀県の

佐藤農場のみかん

が今日届きました。

農薬・化学肥料を使わない佐藤農場自慢の健康ミカンです。

写真のようにサイズ混合で、表面の皮に黒ずみ、色ムラ、さび、傷等がある “ 訳あり品 ” なため、格安のお値段で購入することができました。


">DSC02072修正
DSC02081修正

 

 

 

 

 

砂糖が入っているかのような甘ーいみかんではなく、

体に良い、太陽の恵みいっぱいの酸と糖のバランスが良い、みかん本来の美味しさ

というのが売りの有機栽培のみかん。

明日から昼食後に少しずついただきます。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



罪悪感と焦り

今日は診療開始時間を1時間早めて8時からスタートし、3時間だけ診療しました。

診療後、公務のため佐世保のある会場へ。

このように平日の、普段であれば診療しているはずの時間に、たとえ別の仕事のためであっても診療中の他の歯科医院の前を車で通り過ぎると、なぜか

罪悪感 焦り

を憶えてしまいます。

多分、

罪悪感は、急患で電話をしたかもしれない患者さんに対してであり、

焦りは、経営的な大きなマイナスという経営者としての感覚なのでしょう。

歯科医になって26年と半年。

「もうしゃかりきになって働かなくてもいいんじゃない?」

と言い聞かせると、これらの感覚から解放される自分がいます。

 

今週金曜日になると、土曜日にJACG学術大会で休診にすることに対して罪悪感を感じるだろう(主に土曜日しか来院できない遠方からの患者さんに対して)アラフィフ歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。