アーカイブ 2017年 7月



下顎犬歯間幅径の拡大は、関連している多くの筋を遠くに見ながら

前回のブログでカテーテル治療を合計3回受けたことを書いたところ、多くのかたからお見舞いのメッセージを頂戴しました。

ありがとうございました。

 

先週水曜日の午後に治療をしていただきましたが、翌日にはポータブルの心電図や圧迫止血用の器具がなくなり、シャワーを浴びることができました。

きちんとした心電図検査でも異常なしで、夕方には

「もう帰宅しても大丈夫なんじゃないの?」

と思うくらいにほぼ通常の体調に戻っていました。

念のため1日余計に入院をいうことで、退院したのが3日目の午前10時でした( 実質2日 )。

前回も同じように元気したので、今回は金曜の午後には普通に・・ほんとうに通常通りの予約を入れ、半日しっかり働きました( 前回はまるまる3日休診 )。

土曜日も” 週末の戦場 “を難なく乗り切り、昨日日曜日は、第2期の長崎バイオブロックフォローアップセミナーで丸一日頭をフル回転させながら皆さんにアドバイスを行うことができました。

ご心配おかけしましたが、このように既に元気であり、薬は数種類飲んでいるものの、1年前よりも遙かにいい調子になっています。

あらためて、安心してゆだねることができるM先生に感謝しています。

 

入院中は病的な感じではありませんでしたので、TSUTAYAから借りてきたDVD5本を全て鑑賞。

読んでいなかった一般書や専門書も数冊病室に持ち込み、ときどき居眠りしながらゆっくりと読みました。

週末( 昨日 )のセミナーのスライドも作りながら、一般的な咬合誘導の論文も読んでみましたが、やはりバイオブロック療法とは相当異なることをあらためて認識することになりました。

今日来院された患児の口腔内写真です( 先日掲載させていただいたケースとはもちろん別 )。

 

初診時の年齢がかなり高く、100点を目標点数にはできないことをお伝えして治療を開始しましたが、なんとかもう少しでフィニッシュというところまできました。

右上7の頬側転位や緊密な咬合がまだ得られていないなどの問題を修正し、バイオブロックステージ4をしっかり使っていただきながら、ナチュラルな歯列ときちんとした咬合関係必ず作っていきます。

上下とも後戻りを補償するわずかなスペアースペースがあることがミソでもあります。

歯列の拡大を否定するグループ、あるいは過去の多くの文献から、

「下顎の犬歯間幅径は拡大できても、せいぜい2~3㎜!」

と主張される先生方なら、初診時の状態から診断して、成長発育期であって複数本の抜歯による矯正治療を選択されるのだろうと思います。

しかし、結果はこの通り。

時期を逸したケースであっても、このレベルでできることが多いというのが、私や仲間たちが習得した考え・治療法です。

ポイントを挙げるとすれば、

「下顎は、咀嚼筋群、舌骨上筋群など直接付着している大きな筋のみならず、多くの関連している筋を遠くに見ながら治療を進めていくこと。」

と言えるでしょう。

 

多くの機能矯正治療のように、咬合高径挙げながらの治療ではない(垂直的なことを犠牲にしながら水平的な歯並びを整えていく)ということも強調しておきたいGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



2回目は報告しませんでしたが、実は3回目!明朝退院です

おはようございます。

今日は入院2日目。

昨日から、クリニックを休診させていただいています。

 

昨年7月くらいから、朝一番の散歩時、急な坂道(上り坂)を歩いたとき、飲酒時などに、何とも言えない違和感・頸部のつっぱり感を覚えていました。

9月。秋分の日にお墓参りを済ませた後、普通でも息切れをする坂を上っているときに、しゃべる気が失せるくらいに苦しくなりました。

決定的だったのはその数日後です。

出勤してわずか10数段の階段を昇った時に、胸から上が締め付けられた感じになりました。

「 労作性狭心症の症状だ。」

と思って、診療開始時刻の相当前であったにもかかわらず急いで主治医のクリニックに行き、経緯と症状を説明しました。

その後少し問診をされ、

「 発作の症状だと思います。僕が信頼している心臓の専門医である佐世保総合医療センターのM先生に連絡をとってみますから、その先生が今日出勤されていたらすぐに行ったほうがいいでしょう。」

とおっしゃり、電話をしてくださいました。

幸運にもいらっしゃたので、救急車で搬送( 自分が患者として乗るのは2回目 )。

救急外来に着いて1分ほど問診された後、

「 少し調べてみますが、十中八九『不安定性狭心症』でしょう。」

と言われました。

午前中は、血液検査、X線検査、心電図検査を行い、午後からカテーテル検査へ。

カテーテル検査の前に、検査の時に冠状動脈が狭くなっていることがが確認できれば、そのままステントによる治療を行うことに対する同意書にサインしていましたが、実際その通りとなりました。

1本の動脈は、

「これで血液が通っているの?」

と思うほど、ひどくくびれている状態。

あとの2本が、ステントを入れるかどうかのグレイゾーンの状態。

2本については、グレイゾーンでの安定化を期待して手術は行わず、非常に悪くなっていた1本だけ治療していただくことになりました。

手首にわずかな浸潤麻酔をされただけの意識下での治療で、途中頻繁に声をかけていただき、また説明もしていただきながらの手術でしたので、上記以上の細かい内容を全て覚えています。

 

手首刺入部の圧迫止血はわずか半日のみ。

2日目に心電図検査を行って、3日目の朝には何事もなかったかのように退院し、その翌日からフルで診療を開始することができました。

 

5月に定期検診に行き、

・再狭窄をおこしていないか( 約10%の確率で起こるそうです)CTかカテーテルによる検査を行う必要がある。

・CT画像ではわずかな変化はわかりづらいので、安定化を狙った細くなった血管についての判断が難しい。

・カテーテルの場合、検査だけであっても1泊2日の入院が必要になる。

ことについて説明を受け、確実なカテーテル検査を選択しました。

それを行ったのが6月。

今日は7月。

実は、6月の検査時に、昨年よりもわずかに症状が進んでいるようだということで、検査の延長でグレイゾーンだった冠状動脈に2本目のステントを挿入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログは、昨日3本目を入れたその翌朝、点滴や手首圧迫のための器具がとれて、少し身軽になった状態で書いているということです( もう少しでポータブルの心電図がとれてシャワーも浴びることができます)。

昨日は、前2回の治療に対する評価( 拡張状態良好!)とカテーテル治療でしたが、手首への局所麻酔から治療終了まで、わずか30分でした。

M先生とチーム、現在の医療レベルに大感謝です。

 

明日は午前中退院し、午後からは普通に診療を行う予定のGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



ただのショートカットの羅列ではない。本当にスマートに早くなる!

 

 

 

 

 

 

 

Amazonプライムデーで、ほぼフルスペックのノートパソコンを超がつく激安価格で購入しました( と言っても相棒のメインパソコンにはかなわないのでサブとして使用 )。

新しいパソコンを購入するたびに、「 パソコンに関するスキルをさらに上げたいと。」といつも思うので、そのために役立つ本を1つ、2つ仕入れるのですが、今回のこの本

たった1秒の最強スキル
パソコンの仕事が10倍速くなる80の方法

は、かなり秀逸で、Windowsパソコン中級ユーザー以上の皆さんにお勧めできるものです。

私自身、書かれていることすべてをマスターするために繰り返し練習していますが、キーを上手に使用することで、マウスやトラックボールのみ使用するよりも無駄な動きがずいぶん少なくなったように思います。

とにかく、この手のありきたりな本でないことは確かです。

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



おらが球団の応援に行ってまいります

愛犬の散歩も終わり準備完了!

おらが球団、福岡ソフトバンクホークス

の応援に行ってまいります。

キバレ、ホークス(^^)/

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。

 



不便です

2週間ぐらい前から少し効きが悪くなり始めた

リビング・ダイニングキッチンの大きめのエアコン

中が汚れているからかもしれないと専門業者に洗浄をしていただくも、状態は変わらず。

5日前からは送風のみの状態に陥ったので、ダイキンに修理を依頼しました。

この時期、やはり予約が立て込んでいるらしく、今日の午後やっと来ていただけるようです。

他の部屋すべてにエアコンはあるのでそちらに避難していますが、いつもは居る時間が長いリビングが使えない日々は、とても不便でした。

必ず直るとは限りませんが、とにかく「やっと」という感じです。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



その突っ込みは不要です

私が住む長崎県松浦市の隣に位置する佐賀県伊万里市。

その伊万里市にへのふるさと納税に対する返礼の品として食事券をいただいていましたので、先週末、妻と行ってまいりました。

全て伊万里の素材を使ったいう

伊万里づくしのランチフルコース

をおしゃれ、かつ広い部屋で、とても美味しくいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お近くの皆様、お薦めです。

 

最近、ふるさと納税に対するお礼の品が全国から少しずつ届いていますが、昨日宅配されたのはこれ!

・・・・・・・・・・

その突っ込みは不要です。

もちろん、妻のものですから(^^;)

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



顎顔面口腔領域の正常な成長発育を促進しながら、もちろん歯並びも治します!

今日患者さんに、

「きれいになった!矯正治療、そろそろ終われそうだね。」

と言って撮影した口腔内写真と初診時の比較( セミナーでも未披露 )。

 

 

 

 

 

 

バイオブロック療法ならではの素晴らしい顔の変化を掲載できないことは残念ですが、口腔内のひずみを十分に解放しながら獲得した歯列は、悪い環境のまま無理矢理並べた歯列に比べて、遙かに自然に見えます。

いかがでしょうか?

私の欲目でしょうか?

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



悲しいことに、今のテレビニュースは疑いの目をもって見なければならない

【神回】青山繁晴VS前川喜平 国会で激怒!!前川の詭弁を暴き完全勝利「話をすり替えるな!」《加計学園 参考人招致》

このようなYou-Tubeだけですね。

本当に信用できるニュースは。

TBSを筆頭に、最近の全てのテレビニュース、他マスコミの偏向報道は目を覆いたくなるものばかりです。

よって、テレビニュース、ネットの新聞ニュースを含めて、できるだけ見ないようにしていますし、もし見たり聞いたりしても、You-Tubeなどでバイアスのかかったものになっていないかどうか、確認して本当のことを知るようしています。

なぜこんなひどいマスコミ(よく「マスゴミ」と呼ばれていますね!)になってしまったのでしょうか。

テレビを見ていると、時々暗い気持ちになります。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



1700回達成

最近更新頻度が少なくなりましたが、今日で

ブログ更新1700回

を達成しました。

あまり無理をせず、今後もこれくらいのペースで続けてみようかと考えていますので、次の節目、1800回に到達するのは随分先になりそうです。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



バイオブロック療法におけるステージ3の絶大な効果

このレントゲンの比較写真のみでは感動してもらえないかもしれない。

上気道における、上咽頭から中咽頭の近遠心径の大きな増加・ポジティブな変化に気づいても、

「ふーん、凄いね!」

くらいの感想しかもたれないかもしれない。

少しわかった人からは、

「どうせアースシステムを用いたアドバンスな治療で上顎骨の前方牽引を行ったんでしょう?」

と返ってくるかもしれない。

しかしながら、この1年半での変化が、わずか1種類の装置

ステージ3(4)(鉤歯であるEが抜ければステージ4)

をしっかり使ってもらい、適切な調整を行ったのみ(左のレントゲン写真に至るまでステージ1~ステージ2を用いて治療を進めています)であることを伝えれば、そのような人にも何かしら感じてもらうことができるのではないだろうか。

いろいろなところからバイオブロック療法についてのお尋ねがあり、またこの1ヶ月で東京や名古屋での講演会も決まりかけているほど反響が大きくなっている。

だからこそ、できるだけ正確に伝えていきたい。

オープンバイトをつくった上で、乳臼歯を削ったり抜歯をしてバイトダウンするということがバイオブロック療法でないことを。

「バイオブロックステージ3を使わずしてバイオブロック療法を行ったと言うことなかれ!」ということを。

 

頭蓋顎顔面の水平的な成長発育促進が行われていること、バイトアップして下顎を前方に誘導するシステムではないこともわかっていただきたいGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。