アーカイブ 2018年 4月



矯正治療ではなく、最小の侵襲の補綴処置で

【今日のブログ第3弾】

私が開業した当初外注していた技工所でメタルボンドを製作していただいていて、現在義歯を中心に開業されている、ある技工士さんにお嬢さんの治療を依頼されました。

部分的な歯並びの問題で、上顎左右中切歯だけかなり突出していたものを、できるだけきれいにという希望でしたので、

・側切歯を含めた補綴ではなく、中切歯のみの抜髄・補綴

・その場合、側切歯の近心をわずかに形態修正(削合)したうえで、中切歯の遠心を、これまたわずかに側切歯近心に被せる

という手法で治療を行い、今週月曜日にセットしました。

 

 

 

 

 

 

右上の方が突出度が大きかったため、歯肉の歯頚ラインがシンメトリーではありませんが、

○歯内治療(便宜抜髄・・100%うまくいって当たり前なので、得意分野の一つとはいえ緊張します)

○直接法によるファイバーコア

○色合わせ

○アンテリアガイド

などまずまずのできで、患者さんにも結果について満足していただたようなので、こちらもホッとしました。

先ほどのブログでもホッとしたと書きましたね。

そう、末竹歯科医院では、保険診療も保険外診療も常に緊張の連続です。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



奈良から通院していただきました

【今日のブログ第2弾】

松浦へ日付が変わらない時間に到着できましたので、週末のセミナーの疲れはそれほど残っておらず、気持ちよく今週の治療をスタートすることができました。

内容は・・・

いつも通り、保険診療、保険外診療ともに、たいへんバラエティーに富んでいます。

その変化のおかげですね。

目が回るような忙しさでへとへとに疲れることが多くても、毎日充実感があり、翌日には

「よし、今日も頑張ろう!」

となっています。

今週水曜日、奈良から通っていただいているかた(ありがたいことに、県外からの患者さんの比率が非常に高い)の、治療(インプラント治療とその他の補綴治療)が終了しました。

次回からメインテナンスに通っていただくことなり、ホッとしました。

それにしてもルートメンブレンテクニックは素晴らしいですね。

抜歯時に唇側の歯根を精密なトリミングの上で意図時に残すことで、抜歯後大きく吸収するはずの柵状骨の唇側板がほとんど吸収せず、歯肉のボリュームを損なうことなく、抜歯即時インプラント埋入3ヶ月後には綺麗な補綴物が入るのですから。

現在、適応症であれば必ず行っている術式です。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



第1回東京バイオブロックセミナーが終了しました

たまにはいつもと違ったことをやりましょう。

時間がとれずにブログが滞りがちでしたので、今日は少し長めのブログをと思っていましたが、長すぎると読んでいただけないので、違う内容のものを、短めに3つ書きます。

【今日のブログ第1弾】

先週末、

長崎バイオブロックセミナー 東京コース

の第1回目(バイオブロック概説、口腔内写真・顔貌写真撮影についての講義、実習、プレゼンテーションと写真のチェック)が終わりました。

今回のセミナー会場が、千葉県佐倉市(実習できるデンタルチェアーが多いクリニックをお貸しいただきました)という、羽田空港まで最短で1時間30分かかるということや、長崎でのセミナーの1日半の内容を全て1日に詰め込んだということもあり、通常ではあり得ない、

午前8時スタート

とスケジュールでしたが、お世話いただいている先生・そのクリニックスタッフの皆さん、また受講されている皆さんの頑張りのおかげで、予定通りに終了することができました。

お疲れさまでした。

ありがとうございました。

次は来月、都心で行います。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



写真を撮るよりズッと眺めていたい

ベテランカメラマンがたくさんいらっしゃった

水曜日午後の長串山公園( 西海国立公園 )

でした。

それだけでも感動ものの北九十九島と平戸島をバックに見るツツジの美しさを表現するのは、私レベルの写真では到底無理です。

 

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



御船山楽園のツツジ

天気は今ひとつでしたが、ツツジを見に

武雄の御船山楽園

に妻と行ってきました。

ただツツジが綺麗なだけではない、バックの御船山とマッチした色とりどりの風景に

「他のところはひと味違うね。素晴らしい!!」

を連発して帰ってきました。

 

お時間があるときに応援クリックお願いします。

 

 

 

 

 

 

 



医師でなく歯科医師でも、この薬がとんでもないことがわかります

今週火曜日に、薬物溶出性ステントを3本入れていただいた冠状動脈の定期検査に行ってきました。

造影剤を注入されてのCT検査で、

・3本とも拡張状態良好

・新規の狭窄部位なし

ということと、手術後半年経過後に再狭窄がなければ(約7%の確率で起こる)、その後起こることは稀だということで、

定期的な検査は終了

となりました。

抗血栓薬や高血圧の薬など、少なくとも数種類はずっと服用することになりますが、とりあえずホッとしたところです。

 

私が煩った、この狭心症に大いに関係するニュースがメールに入ってきましたので、そのままコピペします。

ちなみに、アンジェスは私が十数年来投資している期待の創薬ベンチャーで、今年の1月には遺伝子治療薬の承認申請を行い、今年の後半、あるいは来年の早い時期に遺伝子治療薬では国内初の製造販売承認がおりることが確実となっている会社であり、その株主であることを誇りに感じているところです。

この薬が販売されれば、毎日服用する薬を減らすことができますね。

 

【(株)アンジェス ニュースリリース

 高血圧 DNA ワクチン

オーストラリアで第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を開始 

当社では、オーストラリアにおける高血圧 DNA ワクチンの第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験について、平成30 年4月 12 日(現地時間)に第1例目の投与を開始しましたのでお知らせいたします。

本臨床試験は、24 例の軽度から中等度の高血圧患者を対象として実施するもので、投与後 12ヶ月にわたり経過を観察し、安全性及び有効性を確認します。

高血圧 DNA ワクチンは、血圧上昇作用を持つ体内物質である「アンジオテンシンⅡ」に対する抗体(免疫作用により標的の物質に結合する分子)を体内で作り出し、その働きを抑えることで高血圧を治療することを目的に開発を進めています。

現在、高血圧の治療においては多くの経口医薬品が使用されていますが、これらの薬は毎日忘れずに服用する必要があるのに対し、注射剤である DNA ワクチンは一度の投与で長期間にわたって効果が持続することが期待されていることから、特に服用の難しい高齢の方を中心に患者さんの利便性は大幅に向上します。

高血圧治療の医薬品市場は国内だけで、主力の ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)を中心に約 5,000 億円と巨大であり、この一部を代替することを目指す高血圧 DNA ワクチンには非常に高い事業性が期待されています。

また、発展途上国では、薬価の高い ARB は有用性が高いに関わらず医療経済上の問題から使用は限定されており、発展途上国でのニーズも極めて高いと考えられます。

さらに、基礎研究においては、高血圧 DNA ワクチンが心筋梗塞による心機能障害や虚血性脳疾患の治療にも有効であることが示唆されています。

当社では、遺伝子治療薬、デコイオリゴ DNA に続く第三の事業の柱として DNA ワクチン事業の推進を掲げおり、引き続きその一環として高血圧を対象とした DNA ワクチンの開発 を進めてまいります。 】

 

私の胸に埋め込まれているステント『 Hiryu 』も、15年以上株主である「テルモ」製という、偶然ながら自分に関連する会社に多く投資しているGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



第2期アドバンスコース終了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日、昨日とKOデンタル福岡営業所研修室にて

第2期長崎バイオブロックアドバンスセミナーの最終回

を行いました。

バイオブロック療法単独では対応が難しい症例にも対応できるよう、アースシステムを中心とした数々の理論とハウツーを、インストラクターの皆さんとともにお伝えできたと考えています。

しっかり極めて、歯並びだけではなく

・顔貌

・呼吸

・嚥下

・姿勢

までも考慮した治療を行い、将来ある子どもたちをどんどん幸せにしていただくことをと期待しています。

第2期アドバンスコース卒業の皆さん、たいへんお疲れさまでした。



少数歯欠損補綴はインプラントによるものが多い当院では珍しいケース

末竹歯科における

自費診療での少数歯欠損補綴

は、ほとんどインプラント治療なので、今日セットする

メタルボンドブリッジ

は、ある意味新鮮でもあります。

ブリッジでも単冠のインプラント補綴でも、とにかくきちんとした咬合を与えること。

今日も、抜歯即時インプラント埋入や義歯セット、バイオブロックセット、CC冠セットなどなど、様々な治療が続きますが、私の考える咬合理論をベースにした

スマートな歯科治療

を行っていきたいと思います。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



今週は複数本のインプラント埋入治療が連続

今日から新年度の仕事始。

スタートの今週は、複数本のインプラント埋入手術が、ほとんど毎日入っています。

・より痛みが少なく

・よりシンプルに

・より短期間に

・予知性のあるインプラント補綴を

という患者さんが側にたつ治療を精密に行っていきたいと思います。

 

とにかく、一症例一症例を確実に!!

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。