「歯の外傷」のコンテンツ追加しました

当院ホームページに

「歯の外傷」

のコンテンツを追加しました。

このブログで、2回外傷のことを書きましたが、もっとまとまったものが見たいという要望があったため、歯の外傷の分類や症例を掲載しています。

何らかの事故(交通事故、転倒、スポーツ時の接触・打撲など)により、もしも歯がお口の外に出てしまって、近くに牛乳がないときでも、とにかくとれてしまった歯を自分で洗ったり、乾燥させたりしないでくださいね。

特にカラカラに乾かしてこられると、元あった位置に歯をもう一度生着させることは、ほぼ絶望的になります。

仮に砂などがついていても、根の部分を扱うことなく、頭の部分をもって流水で洗いましょう(流水でとれないものは当院で処理します)。

洗った歯は飲み込まないように注意しながら、お口の中に入れて(含んで)、できるだけ急いで来院してください。

お時間があるときに、応援クリックお願いします。


RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.