バイオブロック療法におけるステージ3の絶大な効果

このレントゲンの比較写真のみでは感動してもらえないかもしれない。

上気道における、上咽頭から中咽頭の近遠心径の大きな増加・ポジティブな変化に気づいても、

「ふーん、凄いね!」

くらいの感想しかもたれないかもしれない。

少しわかった人からは、

「どうせアースシステムを用いたアドバンスな治療で上顎骨の前方牽引を行ったんでしょう?」

と返ってくるかもしれない。

しかしながら、この1年半での変化が、わずか1種類の装置

ステージ3(4)(鉤歯であるEが抜ければステージ4)

をしっかり使ってもらい、適切な調整を行ったのみ(左のレントゲン写真に至るまでステージ1~ステージ2を用いて治療を進めています)であることを伝えれば、そのような人にも何かしら感じてもらうことができるのではないだろうか。

いろいろなところからバイオブロック療法についてのお尋ねがあり、またこの1ヶ月で東京や名古屋での講演会も決まりかけているほど反響が大きくなっている。

だからこそ、できるだけ正確に伝えていきたい。

オープンバイトをつくった上で、乳臼歯を削ったり抜歯をしてバイトダウンするということがバイオブロック療法でないことを。

「バイオブロックステージ3を使わずしてバイオブロック療法を行ったと言うことなかれ!」ということを。

 

頭蓋顎顔面の水平的な成長発育促進が行われていること、バイトアップして下顎を前方に誘導するシステムではないこともわかっていただきたいGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。


RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.