2017年 買って良かったもの番付

先週、末竹歯科医院忘年会の席で、参加していただいていたKOデンタルの山下さんから、

「先生、今年の買って良かったもの番付は発表されないのですか?」

と言われました。

体調が悪くブログを書く気に全くならなかったことや、横綱クラスが見あたらないことから今年は無理して取り上げる必要はないかなと思っていました・・・

が、その後2人の先生から同じように催促されましたので、発表させていただきます。

●横綱・・該当品なし

●大関・・同じく該当品なし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●関脇・・BONDOMER Lightless (トクヤマデンタル )

スコッチボンドに劣るところは作業時間の短さくらいか。スコッチボンドの、20秒以上かけてエアーブローしてもいつまでも残ってしまうオイリーな表面のフルフル感から開放された。

シビアな取り扱いが要求される1液性ボンディング材ではなく、またライト照射が必要がないため、CR充填の流れがわずかではあるがスムーズになった。

●小結・・ニシカ キャナルシーラーBG (日本歯科薬品 ) 11月発売済み

ニシカキャナルシーラーに含まれるBioactive Glassは、MTAセメントと類似した特徴を示すと言われ、整形外科領域では既に応用されていて、軟組織とも高い親和性を示す。

根管壁象牙質の水分子に接触することで、シーラー表層にハイドロキシアパタイト微結晶を析出・伸長し、象牙細管内にHApのタグ様構造を形成する『結合性シーラー』のひとつである。

2ペースト・ダブルシリンジタイプで操作性が良く、粘調度や根管に対するぬれもまずまずだと判断している。

エンドシーラーから卒業させてくれたので、数ヶ月後には「大関でもよかったな」と思うかもしれない。

●前頭・・ハイゴフォーミック (J.H.ORSING AB スウェーデン、クロスフィールド 扱い)

既にブログで取り上げたことあり。

滅菌したとしても、あの細い排唾管の中がきれいにあるとは想像しにくい。素晴らしいコストパフォーマンスもあり、スウェーデンでは当たり前のように使用されている、ディスポの排唾管 ハイゴフォーミックが前頭となった。

 

参考になれば幸いです。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。


RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.