GG歯科医の BMW420iグランクーペ Mスポーツ レビュー

昨年12月20日から19日が経ち、BMW420iグランクーペMスポーツを1000㎞弱走らせましたので、私の

・スズキ アルト

・日産 マーチ

・トヨタ カムリプロミネント

・日産 レパード

・GM キャデラックセビル

・日産 シーマ

・ホンダ アコードハイブリッド

と、妻の

・ダイハツ シャレード

・トヨタ イプサム

・日産 エルグランド

・ホンダ エリシオン

・ホンダ ヴェゼル

や、短距離ですが友人たちの車に乗ってきた経験と、特に年末年始に楽しみながら新しい愛車を運転した上でのレビューを書いてみたいと思います。

昔から車は好きではありますが、あくまでど素人ゆえ多くの間違いを記載するかもしれませんが、その点はどうぞご容赦ください。

【 エクステリア 】

ありきたりのスタイリングの車に乗りたくない人、格好の良いクーペのBMWに乗りたい人、クーペに乗りたいけど4ドアにこだわりたい人向きの車です。

・前から後ろまで、全体的にクーペらしい流れるような形状

・低い車高( 3シリーズより50㎜低い )

・ガラスのモールが無く、ピラーの造形が素晴らしく美しい

ことなど、マイナーチェンジ( 2017年5月9日 )前の車ですが、全く不満な点はありません( 2017年1月登録済 )。

中身はほとんど同じなのに3シリーズよりも結構値のはる4シリーズですが、このスタイリングの差だけでも4シリーズを選ぶ価値は十分あると感じます。

【 インテリア 】

他のかたのレビューを見ても、この点は共通しているでしょう。

それは、価格の割には高級感は感じられないというところ。

このことは、注文してから納車される間に予習していましたので十分予測していましたが、その予測よりは若干良い印象です。

木目調の部分が少ないので、その分高級でないような気がするということなのかもしれませんが、内装色の統一感があって、私は逆にアーバンスタイルだと良い方に感じています。

Mスポーツなので、

・Mスポーツ用の太いステアリング

・Mスポーツ用シート(滑らないようヘキサゴンクロス使用)

が使われ、包み込まれるような心地よいタイト感もいやではありません。

足をある程度伸ばして運転したい方ですが、国産車やキャデラックよりもシートを後ろに引けるため、2時間程度乗りっぱなしでも疲れはあまり感じませんでした。

ただ、気になる点がひとつあります。

きしみ音というかビビリ音というか、小さな音がたまにします。

この点は、ベンツ、アウディ、レクサスなどのライバル車に劣るところでしょうね。

【 走り 】

たとえばBMWの性能を知っている人が、目隠しをして運転しても(実際そんなことはできませんが)

「これはBMWだ!」

と判断できるほどわかりやすいのが、

『 走り 』

だと言われます。

BMW社のキャッチコピーである

駆けぬける喜び

とはズバリ、その走りの次元の高さとその自信を表現しているものでしょう。

実際に所有して走らせるまでは、この言葉の意味を理解できませんでしたが、年末年始に時間を見つけてはハンドルを握っていたのは、この喜びを感じていたからだと自覚しています。

・ハイブリッド車とは違うアクセルを踏んだ瞬間からタイムラグなく見事に反応するトルクフルな走り(高速道路で少し踏み込むだけであっという間に法定速度に達するのだが、その間の加速感が全くといっていいほどない。直6 3000cc の440i であればもっと素晴らしいのだろう)

・アダプティブMサスペンション

・前後50:50の精密な重量配分

・3シリーズより40㎜低い重心( 車高は50㎜低い )

・左右タイヤの幅(トレッド幅)が広い

ので、ある程度のスピードでカーブを曲がったときにひどい不安定さを感じたキャデラック、シーマ、エルグランド(ホンダ車は他のメーカーよりも安定していた)と全く異なった見事な安定感です。

シフトチェンジも非常にスムーズで素晴らしい。

ブレーキは、軽いタッチで良く効きますし、踏み込むと「グッ」ときっちり止まりますので、車の基本である、走る・曲がる・止まるということがしっかりしていると素人でも感じることができます。

BMWの欠点の1つに足回りの硬さが挙げられますが、私も同乗している妻もその点についての評価はそれほど低くありません。

ロードノイズはある程度あり、路面の凹凸をきっちり拾うのですが、揺れの収束が早いので、Mスポーツでありながら硬すぎるサスペンションとは感じない「うまい処理」をしてあるというのが感想です。

予想と少し違ったのは、ステアリングの軽さです。

“ 重さ ”ではなく“ 軽さ ”ですね。

BMWのステアリングは重く、その分重厚な乗り味となっていると思っていたので、

「あれ??」

と思うくらい日本車と同じレベルでした。

ドイツ車が初めての私にとっては悪いことではないのかもしれませんが・・・

【 燃費 】

現在のところ、アコードハイブリッドの半分程度です(^^;)

予想していたことですが、ガソリンスタンドに行く回数が増えました。

 

以上が車が好きなGG歯科医のBMW420iグランクーペレビューです。

長い文章におつきあいいただきありがとうございました。

ちなみにということで、ネット上にあったBMW、Audi、LEXUSの比較評価を貼っておきます。

ディーゼル車とガソリン車とが比較してあったり、あくまで一個人の評価なので、ひとつの見解くらいに見てもらえばいいと思います。

 

将来的には、AudiやLEXUSにも乗ってみたいと思うGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。


RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.