気道の狭窄程度の可視化。もうこの流れは止められない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○気道の3Dマッピングによる閉塞の可視化

○安全な気道分析を簡単に実施

○迅速で信頼性があり再現性のある結果

○治療前/治療後の効果判定

という気道狭窄程度の判定ができるソフトウェアができているのですね。

ただの可視可ではなく、今後は

気道の容積がきちんとした数字で出る

というソフトウェアも、そう遠くない将来どこかのメーカーから出るのではないでしょうか。

その時は、歯科用CTの買い換えかな。

 

歯科治療、特にその後の人生が長い

小児の矯正治療

において、気道( 中咽頭 )を意識し、それを結果として求められる時代はもうそこまで迫ってきています。

もうこの流れは止められない。

 

なんちゃって前方移動ではなく、本当の意味で顔面頭蓋の水平的成長を促すことができるバイオブロック療法やアースシステムによる治療を行っているものにとって歓迎するべきことであるととらえているGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。


RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.