HOME > 院長ブログ

久々にフリーだった週末。リフレッシュできました

3月2日、3日・・末竹歯科医院25周年のお祝い。

3月10日・・バイオブロック療法広島講演会

3月27日、28日・・人間ドック

4月6日、7日・・長崎バイオブロックアドバンスセミナー最終回

と順調に、予定通りにイベントをこなし、

4月13日、14日には、第7期(実質第8期)長崎バイオブロックセミナーをスタートさせることができました(Dr 12名、DT3名)。

今後もやらなければならないことが目白押しですが、先週末は予定を入れていませんでしたので、

「混むはずのゴールデンウィークより前に行こう!」

と、土曜日には、ツツジと海と夕日を求めて

佐世保市鹿町町長串山

へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツコの知らない世界・滝の世界で

楽して秘境に行けると紹介されていた

桜滝

を観るために早朝から大分県日田市に行って、

観音の滝、桜滝、慈恩の滝の天ヶ瀬3瀑 を巡り、たっぷりとマイナスイオンを浴びて帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、劇団四季のライオンキングを観劇するために、診療後に福岡シティー劇場へ。

ゴールデンウィーク前に妻と行動しまくります。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



すべての問題を解決してくれた現相棒

バイオブロック広島講演会の4日前に届き、講演会の時にめでたくデビューした新相棒

レッツノートCF-SV

サイズが1GB弱の講演ファイルが普通になってしまい、十分に爆速であったはずの旧レッツノート(と言っても3年しか経っていませんが・・)も、たまにトロトロとした動きをするようになってきました。

また、クラウドとは別に安全のためにハードディスクにデータのバックアップを行っていましたが、講演用のファイルを保存するだけで眠くなるほどの時間を要する膨大なものになってきました。

さらに、セキュリティーはしっかりしたいものの、いちいちパスワードを入力するのは面倒なので、パスワードなしで立ち上がるという危ない状態で使用していたことも不安な点でした。

プロジェクターとの相性が悪くてしばしば問題を起こしているのを目の当たりにするMacではなくWindowsマシーンという条件で、これらを一気に解決してくれる機種が果たしてあるものかと調べてみると・・・・

ありました、ありました!!

それが現相棒です。

">

 

 

 

 

 

 

 

・優秀な顔認証でセキュリティーを解除でき(あっという間に解除できるので、少しでもパソコンを離れるときには [Windowsマークのキー]+[L] のショートカットキーを押してロックをかけるようにしています)

・Macを含めてダントツのスペック(第8世代インテル® Core™ i7-8565U/i5-8265U プロセッサー、16MB LPDDR3 SDRAM、1TB SSD、ブルーレイディスクドライブ付き)

・Thunderbolt3対応の端子があって、それ用の超高速外付けポータブルSSD(HDDの約15倍、通常のSSDの約4倍の転送スピード)を使用してデータのバックアップ可能

さらに、レッツノートとしては当たり前ですが、ブルーレイディスクドライブがついても重さ約1キロという超軽量で、他のパソコンを持った後だと中身が空っぽのように感じる携帯性です。

天板とホイールパッドはプレミアムカラーのオシャレなノーブルゴールドを選びました。

お値段は、〆て

○○○○○○円

「頭おかしいでしょう!」と言われそうなので書かないこととします(^^;)

商売道具の一つなので、これくらいの出費は仕方ありません。

仕方ないんじゃないかな・・

仕方ないということにしておこう・・

 

爆速ではなく、“超”爆速の相棒でストレスなくデスクワークをこなしているGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



広島で気持ちよく講演させていただきました。お世話になりました。ありがとうございました。

本日は、広島にて

葉山康臣先生

栗原孝幸先生

とともに、バイオブロック療法に関する講演をさせていただきました。

広島を中心とした中国、四国、近畿、九州、遠いところでは群馬や愛知などから約80名のかたが参加され、とても熱心に聞いていただきました。

満席でした

懇親会にて

 

 

 

 

 

 

 

講演直後に数名のかたと、帰宅したあと確認をしたところ、すでにメールで数件

「2020年度(第8期)の長崎バイオブロックセミナーを受講してバイオブロック療法をマスターしたい。」

という旨の受講希望・申し込みが入っていました。

このように、即日のうちに反応をいただくと、

「講演内容が伝わったのだな。」

と安心します。

よかったな~~。

 

今回労をとっていただいた栗原先生に感謝しつつ、今日は早めに、そして気持ちよく床につきたいと思います。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



次は30周年でまた(^^)

土曜日は、

美味しい食事や

いつ行ってもおなかがよじれるかと思うくらい笑わせてくれる 「あんみつ姫」

行く度に必ずバージョンアップしている 世界一のテーブルマジック 「西岡」

そして、

私以外のメンバーは、午前3時過ぎまでカラオケで楽しんだようです。

よかった、よかった!

当院スタッフ、技工士の副島くん、山本くん、KOデンタルの山下さん、田中さんとともに記念撮影

鹿児島 祁答院歯科の加治木潤技工士、KOデンタル福岡さんからもきれいなお花を頂戴しました

 

 

 

 

 

 

 

 

次は30周年でまた(^^)

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



気道の狭窄程度の可視化。もうこの流れは止められない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○気道の3Dマッピングによる閉塞の可視化

○安全な気道分析を簡単に実施

○迅速で信頼性があり再現性のある結果

○治療前/治療後の効果判定

という気道狭窄程度の判定ができるソフトウェアができているのですね。

ただの可視可ではなく、今後は

気道の容積がきちんとした数字で出る

というソフトウェアも、そう遠くない将来どこかのメーカーから出るのではないでしょうか。

その時は、歯科用CTの買い換えかな。

 

歯科治療、特にその後の人生が長い

小児の矯正治療

において、気道( 中咽頭 )を意識し、それを結果として求められる時代はもうそこまで迫ってきています。

もうこの流れは止められない。

 

なんちゃって前方移動ではなく、本当の意味で顔面頭蓋の水平的成長を促すことができるバイオブロック療法やアースシステムによる治療を行っているものにとって歓迎するべきことであるととらえているGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



技工士さんたちからのお祝い

明後日の平成31年3月2日で末竹歯科医院を開業して

ちょうど25年

になります。

20周年の時にも持ってきてくれましたが、安心して患者さんに提供できる補綴物を製作して当院を強力にサポートしてくれている3人の技工士

・ネッツデンタルの副島直博技工士(クラウンブリッジ、インプラント補綴、矯正装置担当)

・グロースデンタルラボの山本博英技工士(矯正装置担当)

・マリンデンチャーワークスの澤勝海技工士(義歯担当)

から、お祝いにと2日前倒しで

立派な胡蝶蘭と私とスタッフを象ったチョコレートクッキーがのったケーキ

をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

神様が3月2日を土曜日にしてくださいましたので、スタッフ全員と副島くん、山本くん、そしてKOデンタル福岡のお二人をお誘いし、博多でお祝いをします。

皆で思い切り楽しみましょう~~

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。



バイオブロック療法による治療例 2

バイオブロック治療による気道(中咽頭)の広がりを見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが

形態的に呼吸の質を改善する

ということです。

どのように訓練をしても、このレベルのダイナミックな変化は起こし得ません。

 

広島での講演会でお話をします。

 



バイオブロック療法による治療例1

3月10日の講演で使用するスライドの1枚。

バイオブロック療法による治療前と最新の写真です。

 



『ドイツ政府が歯科矯正に疑義』・・いずれ日本でも議論され始めることでしょう

矯正治療や咬合誘導を行っている歯科医院であれば、拒絶することなく真摯に受け止めるべき内容を含んだ You-Tube動画 です。

ドイツ政府が歯科矯正に疑義(クリックしてご覧ください)

遠くない将来、日本でも議論され始めるでしょう。

タイトルの 「長期の経済効果」 という文言に抵抗があれば、

「長期の健康に寄与」

あるいは

「治療後のクオリティー・オブ・ライフの向上」

と言い換えて動画を見ていただくとわかりやすいでしょう。

長期の経済効果がある成長発育期の小児の矯正治療は、中咽頭の前後的な径を大きくして正常な呼吸を形態的に促す、睡眠の質を向上させる、そして魅力的な顔貌へと誘導することが可能な
水平的な成長を促す治療です。

バイオブロック装置やアースシステムを応用した治療

はその代表的な治療であり、今後シェアさせて頂いた動画内容のような問題が提起されても、全く揺らぐことなく自信をもって提供していくことができる方法です。

 

3月10日は広島にて上記内容を含んだお話を、葉山先生・栗原先生とともにいたします。

 

 

お時間のあるかたは是非お越しください。

不正咬合の原因を含めて、小児の咬合誘導・矯正治療について認識を改めなければならないと思っていただけるよう、できるだけわかりやすく講義を行うつもりです。

 

水曜日の午後を利用してスライドを編集中のGG歯科医を応援していただけるかた、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。



オリジナルの KSスリージョープライヤー

昨日届きました。

私(Kazuhiko Suetake)が設計した、長崎バイオブロックセミナーオリジナルの

KS スリージョープライヤー

 

 

 

 

 

 

 

パッと見た目、何の変哲もないスリージョープライヤーに見えますが、

いろいろな部分でとても細かいところまでこだわって作ってもらった、自分で言うのも何ですが、

世界でいちばん使いやすいスリージョープライヤー

だと思っています。

精度の高いバイオブロック治療のためには精密な調整ができるプライヤーが必要だということで、私が主宰のセミナー生のために設計して、半年かがりで完成させた優れものですが、

50本が即完売

となってしまいました。

次の製作は数ヶ月先になる予定ですので、注文し損なったと思われている先生方は、もうしばらくお待ちください。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。