• カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 月別アーカイブ

  • 検索

にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

コムネット会員情報誌 Togetherで詳しく紹介していただきました

Posted by Suetake 2020年4月1日

まだ序の口だった新型コロナウイルス禍の中、インタビューされた

コムネット会員情報誌 Together 2020年4月号

が届きました。




「 バイオブロック療法で子どもたちに幸せな未来を 」

というタイトルで、

【 「良好なCureなくして充実したCareはありえない」 妥協せず常に完璧な治療を目指す末竹院長。スタッフ力もハンパではありません。】

など、末竹歯科医院の特徴を十分に著していただいています。

ありがとうございました。

待合室にも置いて、皆さんに私の考えを知っていただきたいと思います。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。

上手に気分転換しながら、なんとかあと1年ほど頑張っていきましょう

Posted by Suetake 2020年3月30日

ブログは、「どこへ行ってきました。」という内容が多く、一方、東京を始め多くの都市部で外出自粛の要請が出ている。

うーん、やはり頻繁にブログ更新するのはためらわれますね。

こんな中でも、人との濃厚接触を避けながら上手に気分転換をしていかなければなりません。

先週水曜日は、菜の花と九十九島を見に

佐世保市の展海峰

へ。





昨日は、人がほとんどいない

松浦市志佐町の田ノ平神社から伊万里市の竹の古場

に行ってゆっくり桜を観賞してきました。



皆さん、新コロナウイルスとの戦いは、感染していない人が安心して外に出歩ける時期、つまりワクチンができるまで続きます。治療薬はそこそこのものを見つけていますが、それはかかっている人に投与するもの。

必要なものは、私がずっと主張しているようにワクチンなのですから、それがある程度世界にいきわたるまで、どんなに短くても1年近くこの戦いは続きます。

道のりは長くて滅入りそうですが、なんとか頑張りましょう。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。

今日で今週の診療は終わり。明日から毎年恒例の人間ドックです。

Posted by Suetake 2020年3月12日

今週の診療が今終わりました。

明日からは、毎年恒例にしている

人間ドック2日コース

に妻と行ってきます。

WHOが新型コロナウイルスによるパンデミックを宣言したこの時期に、行って問題ないのか?予約を延期するべきではないのか?

と少しだけ考えましたが、当院の患者さんたちが、予約のキャンセルをほとんどすることなく通院していただいていることを自分に照らし合わせて考えると、

変更する理由がない

と判断しました。

向かうのがリスクが若干高い病院ではなく、健診専門のクリニックだということも理由の一つではあります。

 

大学が休講になって帰省している長男に留守番を頼んで、夫婦とも大きな問題がないことを祈りながら人間ドックを受けてきます。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。

新型コロナウイルスが季節性のものでないのであれば、どうしても特効薬・ワクチンが必要

Posted by Suetake 2020年3月8日

この時期、ブログを書こうとしたら新型コロナウイルスに関わること。

普通通りに行動していたら、

「いろいろなところで行動の自粛を行うようにとされているときに何をしているの?」

などと批判をされる可能性もあると思い、ブログ投稿を控えていました。

多くの国に感染者が出ていて、これからも広がる可能性が高い新型コロナウイルスによって、私が生まれて初めてといえるレベルの経済活動のシュリンクが起きています。

あと1ヶ月、2ヶ月で劇的に状況が改善する可能性は極めて低いと思いますが、もし特効薬があるとすれば、インフルエンザにおけるタミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬ができた上で、まだ感染していない人に向けての

ワクチン

が早期に開発されるしかないでしょう。

使えるようになったならば、インフルエンザと同等、重傷化の割合で言えば、インフルエンザよりも怖くないということになるはずです。

毎年気温が下がればインフルエンザが広がりますが、皆そのウイルスと

折り合い

をつけて普通に生活しているのですから、薬ができれば・・・ということになるのです。

3日前と2日前の『 ミヤネ屋 』で大阪大学の森下竜一教授が出演されて、(株)アンジェス、(株)タカラバイオと組み、

オールジャパン

でワクチンを作る、もうワクチンのデザインはできあがっていて動物実験を始める、またDNAワクチンという特許を取得した安全であり、大量生産が安価にでき、すでに人体に無害であることを確認できているということを詳しく説明されました。

問題は、お役所的な薬の認可スピードではなく、超法規的な措置で数ヶ月後に上市できるように、政府・厚労省が動けるかということです。

感染者数を悲観的に知らせるばかりではなく、何の行動もできないような緊急事態宣言をするだけではなく、上記のオールジャパンチームなどを金銭的にバックアップし、法律の改正をしてでもワクチンの早期上市を進めることをやってほしいものです。

ちなみに、アメリカ、中国、イスラエルなどはすでにワクチンの治験を進めていると聞きますが、仮に完成しても、今の日本ではすぐに使えませんよ。

安全、安全を優先して、日本人に対して治験を行い、承認申請をさせ、時間をかけて書類のチェックを行い、出回るのは申請をしてから1年後なのです。申請をしてからですよ。

日本人のためには、日本人が研究・開発したより優秀な薬を日本で治験を進めるしかありません。

また、日本の夏と同じ気温のシンガポールで感染者が3月8日現在、138人に上ることを考えると、夏に収束するような季節性のウイルスではないというもいえるでしょう。

このような事態に、どこに資源を集中するのか?

日本の政治力が問われていると思います。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。

特集記事のための取材を受けました

Posted by Suetake 2020年2月21日

昨日は、会員向けの情報誌に載せる特集記事のためというこで、(株)コムネットの社長さんがいらしゃいました。

朝礼から夕方の治療まで、通常の治療の合間や、昼食時や昼休みを通して、私やスタッフたちに精力的に質問されていました。

見事な速記と3つのカメラを駆使しての、一切休憩なしの取材。

さすがです!!

実をいうと、ずいぶん前にも同じように特集記事を掲載していただいていたのですが。持ってきていただいたそのコピーを見てみると

ジャスト20年前

20年も経てば、さすがに成長しているでしょうか・・

 

今よりも体重が10キロ以上も重かった、丸々と太った姿が写った記事を苦笑いしながら久しぶりに読みかえしてみたGG歯科医を応援していただける方、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。