停滞は衰退

ある会員誌に投稿させていただいた原稿からの抜粋です。

 

【 講演等で常々

「歯科医として成長・進化するためには変わらなければなりません。

変わらないことは停滞であり、回りが進んでいる以上、停滞は衰退を意味するのです。」

と伝えているが、一般的な流れに置いていかれることなく、さらに歯科医院のハードやソフトを変化させることを相当ポジティブにとらえることが、今後生き残り、繁栄していくための条件であろう。】

 

先ほどfacebookで、以下の記事(一部改変)を見つけました。

 

【 気付きの高い人は、志の高い人

志が高いから現状に変化を求めるのだ

現状に変化を求める気持ちがあるから気付くのだ

気付いた人から行動・努力するのは当たり前

そこで嘆いたら、嘆くために気付いたようなもの

「自分が背負って立つ」  「自分がやらなねば誰がやる」

くらいの気持ちを持って、苦労は当たり前と思って受けて立つ 】

 

今日も何か気付いたら即行動。

変化を楽しんでいこう!!

 

お時間があるときに、右下の【歯科医】ボタンをプチッとクリックお願いします。


RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.