さらにわかりやすい内容にして松浦でのセミナースタート(第7期としては2回目)

またまた久しぶりの投稿になります。

充実した楽しいゴールデンウィークを終えた1週後の先週土曜日・日曜日は、

第2回長崎バイオブロックセミナー(第7期)

を松浦で行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科医師12名、技工士3名という末竹歯科医院研修室に入ることができる最大の人数で、仕事場の内訳は

群馬‥1名

静岡‥1名

岐阜‥1名

愛知‥2名

滋賀‥3名

兵庫‥1名

広島‥1名

大分‥1名

熊本‥1名

佐賀‥2名

長崎‥1名

多くの県から

西の果て松浦

においでいただきました。

感謝するとともに、そうまでして参加した甲斐があったといっていただけるような6回にしなければたあらためて思いました。

 

1日目の講義が終わった後、九州の中では松浦から一番遠い宮崎から再聴講のためにわざわざ足を運んでいただいたK先生(某学会会長)に、

「失礼ですが、第6期(一昨年度)の時や東京セミナー(昨年度)で今年のような講義をしていただきましたか?

何度か聞いたからなのか、今日はどんどん頭に入ってきました。」

という感想をいただきました。

スライド構成も、話す内容も、強調するポイントも明らかにバージョンアップしていますのでそう感じられたのでしょう。

何度も話を聞いている世話人の皆さえも同じようなことを言っていましたので、してやったりといったところです。

次回、第3回目は7月ですが、その前に重要イベント

第4回NBSC(長崎バイオブロックスタディークラブ)年次集会

があり、トリで特別講演を行いますので、約1ヶ月はさらなる研究と資料作りに傾注したいと思います。

 

お時間があるときに、応援クリックお願いします。


RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.